1. TOP
  2. 痩身エステ
  3. 契約する前に知っておきたい痩身エステのクーリングオフ制度

契約する前に知っておきたい痩身エステのクーリングオフ制度

 エステのお試し体験にいってみて、効果が出たからその場で契約したはいいものの、

 よく考えてみたらもうちょっと検討したい…

 他のエステも体験して比較してみたい…

 金額が高くてやっぱり通えない…

 となった場合は素早くクーリングオフをするようにしましょう。

 この場合、クーリングオフを申し込んだら、相手に悪いとか、断って大丈夫なのか、など迷う必要もなく、やっぱり無理だと思ったら、すぐに行動するようにしましょう。

 迷っているうちに、クーリングオフ期間が過ぎてしまったという方も多いようですので、十分注意しましょう。

 クーリングオフとは契約後、頭を冷やして冷静に考え直す期間を与え、一定期間内であれば無条件に契約解除ができることを指します。

 エステの場合は契約期間が1ヶ月を超え、且つ契約金が5万円以上を超える場合は法定書面を受け取った日から8日以内であれば可能です。

 その方法ですが、必ず書面で残す必要があります。メールや口頭、電話ではなく、内容証明郵便を使うようにしましょう。

 まず、エステサロンに契約解除の書面を送ります。クレジット契約の場合はクレジット会社がエステ会社と異なる場合多いので、異なる場合はクレジット会社にも同じ書面を送りましょう。

 ここで気を付けることは、店舗に電話したり直接出向くことは避けてください。直接連絡をとると、クーリングオフを止めようとする人もいます。

 自分一人でやるのが心配な方は、近所の行政書士に相談し、頼んでやってもらうのもありです。高くても3万円ぐらいなので、契約金額が高額な方は検討してみてください。

 また、独立行政法人国民生活センターに問い合わせて聞いてみることもできます。

 ⇒ クーリングオフについて【国民生活センター】

 気を付けて頂きたいことは、コースであれば無条件解約ができますが、化粧品やサプリメント等で既に開封済みの物は返却できませんのでご注意ください。

まとめ

 ご自身の目標や予算に合わせて痩身エステを探し、何か問題があればクーリングオフを適用することもできます。

 無理な契約だった場合は、早めに対応するようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

法定書面

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 痩身エステでやせ効果がまったく出ない人の特徴5つ

  • 痩身エステと普通のエステの違いについて解説

  • 痩身エステ効果を無駄なく得る方法

  • 痩身エステは1ケ月に何回通うのが理想的なのか?

  • 【保存】知らないと損!痩身エステを契約する前の注意事項10個

  • エステのキャビテーション効果なし?努力なしで10回受けた結果