1. TOP
  2. パーツ別
  3. 小顔テクニック!イマドキ女子はお金を使いません

小顔テクニック!イマドキ女子はお金を使いません

 

 顔が大きい女性にとって、小顔は憧れですよね。顔が大きいことでイヤな経験もしたことがあると思います。中には、顔が大きいから、友だちと一緒に写真に写るのもイヤだという人もいます。

 「顔が大きい」というコンプレックスを克服しませんか?

 最近は整形なんてしなくても顔を小さくみせるコツがたくさんあり、ちょっとした努力で小顔を手に入れることもできます。

 今回は、顔が大きいとお悩みの女性にイマドキ女子がこっそり取り入れている4つの小顔テクニックをご紹介します。

顔の輪郭にあった小顔ヘア

 髪型によって人の印象はかなり変わります。特に女性の場合、髪が長い人が髪を短くしただけでも随分印象が変わります。この事は、ほとんどの方が理解することができると思います。ただ、自分にあった髪型を探すというのが結構大変な作業で失敗を繰り返しているという女の子も多いですよね。

 最近は、顔の大きさを気にしている女性向けの「顔の輪郭にあった小顔ヘア」と呼ばれているものがありますので、いくつか紹介してみましょう。

 一般的に顔の形には、ホームベース型、卵型、丸顔、スクエア型の4種類があると言われています。顔を小さく見せるコツとしては、ロングヘアにしろショートヘアにしろ、顔の輪郭にそって髪をまくという方法が有名です。

 特にこの方法はホームベース型の顔の輪郭の女性に効果があり、ちょっと意識してセットするだけで随分見た目が変わってきます。丸顔の方は、前髪を目のラインにあわせて切ることで小顔効果を出すことができます。

 顔の輪郭にあった小顔ヘアとして髪の色に変化をつけるというものもあります。例えば、髪を染めたい場合、全部同じ色にするのではなく、顔の周囲だけ少し色を暗めにしてあげることで、顔がスッキリとした小顔効果が期待できます。

小顔メイクの5つのポイント

メイク道具

 実際に髪型、色を変えるだけでもかなり顔を小さくみせることができるということは先ほどご紹介しましたが、小顔効果を得やすいポイントに「メイク」があります。これは勘違いしている女性も多く、反対に顔が大きく見えてしまっている人もいます。ぜひ、この機会に正しい小顔メイクを覚えてくださいね。

1.眉毛

 眉毛は太くしたり、細くしたりしすぎると顔が大きく見えるので、あまり眉毛を顔の印象となるようなメイクはやめたほうがいいです。

2.顔に立体感

 顔に立体感を出す。最近はファンデーション一つとってみても多彩ですから、顔に立体感を出し、平面的な広がりをなくします。特に、おでこや鼻、頬といった少し高く見せたいところには、ハイライトをのせます。逆に低く見せたい顔のアウトラインや目尻はシェーディングをのせます。こうすることで、平面的な顔に立体感が生まれます。

3.アイメイク

 最近主流になっているアイメイクですね。目を大きくみせるメイク全般ですね。黒目が大きいカラコンを使うだけでも小顔効果が得られます。また、涙袋にハイライトをのせてあげるだけでも目が大きく見え、小顔効果があります。

4.チーク

 チークはできるだけ使わず、使う場合は円状に広げるのではなく直線に入れるということを意識します。

5.口元

 口紅やリップ等を使って口角をあげ、ヌーディーな色でぷっくりと仕上げる。

 以上、5つの小顔メイクを意識的にやってみてください。

小顔に見えるファッション

洋服

 小顔に見せるためには顔まわりをスッキリさせる必要があると思っている人もいますが、基本的にファッションでも小顔に見せることができます。その中で最も簡単な方法は、顔周辺の小物でインパクトのあるものを多用することです。

 例えば、メガネやストール等を使うだけでも小顔効果を出すことができます。特に大き目のストールとスリムパンツとヒールというスタイルは身長がより高くみえますので、小顔効果を出すことができます。

 また、帽子についてもニット帽も小顔効果が確かにあるのですが、できれば帽子のつばが広いタイプのものを使うとより小顔効果が期待できます。

 いまの冬時期であればそれほど小顔効果を出すファッションというのは難しくないと思います。一方、夏の小顔に見える基本的なファッションというと、身長を高くみせる細見のスタイルが最も効果的と言われています。

小顔になるフェイスヨガのやり方

顔ヨガ

 ひそかに今ブームなのが小顔になるフェイスヨガです。たるみ改善をしっかりサポートしたい人に、フェイスヨガはおすすめです。

 フェイスエクササイズとヨガを組み合わせた表情筋を鍛える体操がフェイスヨガで、小顔効果が期待できます。小顔になるフェイスヨガのやり方は簡単で、場所や時間を選ばず、自分の好きな時にできます。特に、口元や目元の表情筋を鍛えるポーズはおすすめです。

 まずは、「お」を発音するときの口をつくり、そのままの状態で鼻の下をできるだけ伸ばし、目線は上に向けて10秒間維持します。これを1日2回ずつ行うと効果的です。

 血行を促進してむくみを解消するポーズもおすすめです。口を大きく開けて舌をあごの方にできるだけ出し、そのまま目を大きく開いて視線を思いきり上に向けて10秒間維持します。このポーズは舌を出すので、アンチエイジング効果が期待できます。

 小顔になるフェイスヨガには、シャープなあごのラインを作るポーズもあります。舌を思い切り前に出し、舌先を上に向けるようにして、そのまま、顔をまっすぐ上に向けて舌を上に伸ばして10秒間維持します。このポーズも舌を出すので、アンチエイジング効果が期待できます。

 フェイスヨガは、表情筋を意識的に鍛えることができるので、顔のたるみ解消に効果的です。

 

まとめ

 整形やお金をかけなくても小顔に見せる方法はたくさんあります。ちょっと意識を変えてあげるだけで、顔の見え方は変わります。今年こそ、あなたも小顔美人に変身してみてはどうでしょうか?

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

小顔美女

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 二重あごをなくす改善法!原因がわかれば二重あごは治せる?

  • 顔痩せ効果がある3つの方法で小顔を手に入れる!

  • 自宅でできるフェイスアップ法!顔の垂れ下がるたるみを解消

  • 【むくみ対策】ダイエット中に水を飲むことの大切さを知ろう

  • 女性必見!朝のむくんだ顔をスッキリさせる3つの無料動画

  • 体が細く見える!?自宅でできる小顔マッサージとストレッチ