遺伝子ダイエット

トイレタイムを有効活用したお手軽ダイエット

ダイエット女子

20代女子のりんごさんが下半身を引き締めるために行っているお手軽ダイエットをご紹介します。

毎日の習慣を利用したダイエット法なので、普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

私の行なっているダイエットは、女性であれば今日から始めることのできるダイエット法です。

事前に用意するものも特にありません。

必要なのは『自分で決めた約束を守ること』だけです。

トイレダイエット

人は1日平均して5~8回ほどお手洗いに行くと思います。

その際、女性であれば必ず個室トイレに入るはずです。つまりそこは誰にも見られない空間となります。その空間を利用して、私はお手洗いに行くたびに絶対何かしらかの決めたストレッチをしてからトイレを出ると決めているのです。

ダイエットをしたいと言っても、健康的に痩せるためには食事制限とは言ってもある程度食べなければなりません。

わたしの場合、絶食などして痩せても不健康になるか結局リバウンドして元に戻ってしまいます。日々続けていけるダイエットではありません。

ジムや自主的な運動といっても、金銭面やその日の時間や体力によって左右されてしまうものも定着させるまで根気が要ります。

疲れているのに無理をして毎日継続させることが本当に正しいのかと言われれば返事に困るかなと。

では、わたしが飽きずに続けていけるダイエット法とは、と考えた結果、もっと当たり前の日常生活の中で取り込めるものである必要がありました。

スクワット

そして、最終的にたどり着いたのが『お手洗いに行くたびにストレッチをする』だったのです。

私は下半身が気になるので、スクワットやかかと上げを決めた回数をトイレの個室の中で行ってからお手洗いを出ます。そのため、スクワット30回と1回あたりの回数が少なくても、1日5回お手洗いにいったと仮定するとそれだけで1日150回スクワットしているというわけです。

上半身やお腹周りが気になる人は、またそれぞれ痩せたい部位に沿ったエクササイズを行うといいかもしれません。カロリー消費だけでなく、筋力を増やすことも出来ます。

綺麗なラインの体を手に入れたいのであれば、定期的に行くお手洗いで自分にあったエクササイズを行うよう心掛けてみて下さい。

『効率派』or『非効率派』
あなたはどっちを選びますか?

テレビで話題の遺伝子型ダイエット

最初のコメントをしよう

必須

*