1. TOP
  2. 運動
  3. オルビスのプチシェイクを2ケ月!6キロ痩せた産後ママ

オルビスのプチシェイクを2ケ月!6キロ痩せた産後ママ

【ダイエット成功者のプロフィール】
名前:ソニアさん
年齢:41歳
ダイエット成果:産後6キロやせた
ダイエット期間:2ヶ月

『産後体重が戻らない・・・。』

出産を経験された女性の多くが悩むテーマではないでしょうか。

もちろん、私もそんな悩みを抱えた一人でした。

妊娠中、つわりが落ち着いた頃から何を食べても美味しくて、止めることのできなかった食欲。

その食欲は産後もとどまることを知らず、母乳をあげているからいいやと、産後何もせずにいた私の体重はいつの間にか5kg。

出産前の体重より6kgもオーバーした状態が続いていました。

お腹が楽だからといつまでもマタニティ用のジーンズを履いていた私。しかしさすがにお腹回りが気になりだしました。

そこで、子どもが1歳過ぎて卒乳をした頃から食事制限をしてみるもののまったく続かず、1~2kg減っては戻ることの繰り返し。

運動でも始めてみようかと思ってみても、育児に追われ、自分のことまで気も手も回らない毎日。ダイエットなんて到底無理と半ばあきらめていました。

驚いた女性

そんなある日、私の目にとまったのが『ORBISの1食置き換えダイエット』。

一日一度だけ食事を置き換えるのであれば何とか継続できるのではないかと思い、早速、置き換えのダイエット食品を注文することにしました。

そこで私が選んだのは、ORBISの『プチシェイク』と『プチチャウダー』です。

オルビスお試しセット

これらの商品を選んだ理由は、単純に美味しそうだったからでした。

とにもかくにも継続しなくては意味のないダイエット。美味しくなくては、嫌になって途中でやめてしまうかもしれません。

しかし、今回選んだ2つはその点はクリアできていました。

プチシェイクはフレーバーもいくつかあり、何種類か用意できればいろいろなフルーツの風味を味わえ、飽きも来ず楽しむことができます。

また、プチチャウダーはしっかりした食べごたえのあるスープです。どちらも10分から15分かけてゆっくり飲んだり、食べたりすることで十分にお腹を満たすことができます。

まずは一食ずつ口にしてみて、これなら続けられそうだと確信が持てました。

そしていよいよ本格的に1食置き換えを始めるのですが、3食中のどこで置き換えるのかも悩む点です。

本来ならば、一番ボリュームのある食事になりがちな夜を置き換えることが効率的なのかもしれません。

しかし、できれば仕事で疲れて帰ってくる夫の晩酌には付き合ってあげたいなぁ。何よりお腹が空いて、夜眠れないようなことになったら嫌だなぁ。

そんなことも考慮の上、置き換えは朝か昼に行い、夜はこれまでの食事より少しカロリーを抑えたものにしてみることにしました。

わたしが具体的に実践したこと

・朝プチシェイクに置き換えたなら、昼は普通に食事を取る。
・朝を普通に食べたならば、昼は少し食べた気になれるプチチャウダーに置き換える。
・夜はサラダにお味噌汁、子ども茶碗に軽くよそったくらいのご飯をベースに、メインのおかずを1品。
・お肉をメインにする時には茹でたり、蒸したりなどできる限り油の落ちる調理法を選びました。

食事面ではこのようにダイエットを進めたわけですが、2点注意していたことがあります。

ダイエットを継続するための2つの注意事項

1.ダイエットを続けていくためにストレスをため過ぎないようにする。

 これまでは好きなものをお腹いっぱいに食べてきた私です。ダイエットを続けていく上でストレスがたまらないはずはありません。

 そこで週に1度だけ『ヒャッハーの日』と名付け、少しだけ好きなものを食べる日を作りました。『ヒャッハーの日』を楽しみにすることで日々のダイエットががんばれる。

 ダイエットを続けるためにも取り入れたこのお楽しみの日。がまんだけすれば折れてしまいそうな心もこれなら耐えることができる、私のダイエットには必要な日でした。

2.体調に変化がでたら、無理なダイエットを進めない

 軽いめまいがしたり、お腹に力が入らないなど栄養が不足していると思われるような症状が現れた時は一旦立ち止まり、無理にダイエットを進めない。

 何か不調が現れた時には、次の食事は普通どおりに取り、体調に問題がないようであれば、改めてダイエットを再開させるようにしていました。

特に女性は月経前後など体調が不安定になる時期があります。無理をして体調が崩してしまうとダイエットは失敗に終わってしまいます。

常に自分の体調と相談しながら、食事をコントロールするよう心掛けていました。

おまけが付いてくるオルビスのプチシェイク

詳しくはこちら

ベビーカー散歩

そして、もう1つダイエットとして私が実践したこと。

それは『ちょっとした運動』でした。

目の離せない1歳児がいても必然と行える運動として、生活の一部である買い物へは、車や自転車でなく歩いて行くようにしました。

1km程離れたスーパーに子どもを乗せたベビーカーを押しながら買い物へ出かけます。ちなみに、まとめ買いをしてしまうと買い物回数が減ってしまうので、必要なものをこまめに買い出しに行くようにしました。

他にも子どものお散歩は少し遠い公園へ行ってみたり、給料日には歩いて銀行回りする。少しでも体を動かせそうなことを見つけてやっていくうちに、歩くことがだんだん苦でなくなっていきました。

また、体幹を鍛えるエクササイズのように、おへその少し下あたり(3~5cmぐらい)の丹田を意識し歩くことでお腹の引き締め効果につながったように思います。

以上のように朝か昼のどちらかを一食置き換え、夜はカロリーを抑えた食事、そして移動は歩くことを中心とした生活をおよそ2ヵ月続けた結果・・・

56㎏あった体重は、妊娠前の50㎏へと戻り、6㎏の減量に成功しました。

もちろん、もうマタニティ用のジーンズなんて履く必要もありません。お風呂の鏡で見るに耐えなかったぽっこり出ていた下腹のお腹回りもスッキリしました。

これまでのダイエットは何も考えず、ただひたすら減らすだけの食事制限で、もちろんうまくいくはずがありませんでした。しかし今回成功できたのにはいくつかの理由がありました。

ダイエットに成功した3つの理由

1つ目:自分の好みに合ったダイエット食品を選べた。
2つ目:日常生活の中でしなければならないことを利用して体を動かした。
3つ目:『がまんし過ぎない、無理をし過ぎない』を念頭に置いた。

ダイエットに一番大切なことは、『継続する』ということ。

それを実現させるためにこの3つが揃ったことが今回の成功につながったのだと思います。

いままでダイエットを続けることができなかった方は、少しダイエット食品で痩せるのをサポートしてはいかがでしょうか?

特典が付いてくるオルビスのプチシェイク

http://www.orbis.co.jp/

これからダイエットを始めるみなさんへ。

いろいろな我慢の上に成り立つダイエットをするのに何だか矛盾しているように聞こえるかも知れませんが、がんばり過ぎないで。

無理をすると体はつらくなるし、心もギスギスしてしまいます。

自分のペースで体調に合わせたダイエットをすることで、きっと体も心もすっきり綺麗になれるはずなのです。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

ため息女子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 産後5キロの体重ダウンに成功!子育てしながら痩せました

  • 【痩せすぎ注意】たった4日間で43.5キロまで痩せました!

  • 酵素で便秘解消!その前に知っておきたいこと

  • 役立ったyoutube動画をご紹介【パート3】

  • ハリウッド女優が続けているナッツダイエット

  • こんにゃくダイエット!1ヶ月で40キロまで痩せた簡単ダイエット