1. TOP
  2. 運動
  3. ジョギングが苦手な人は縄跳びダイエットが効果的
そろそろ失敗しないダイエット始めませんか?

ジョギングが苦手な人は縄跳びダイエットが効果的

運動  
ジャンプ

 これまでに縄跳びダイエットをしたことはありますか?

 少し前に流行した縄跳びダイエットですが、じつは体全体についたムダな脂肪を効率よく落とすことができ、正月太りで少しやせたいと考えている人にピッタリのダイエット方法だったりもします。

 しかも、縄跳びとウォーキングで消費するカロリーはほぼ一緒なので、歩くのが苦手な人や時間がない人は縄跳びダイエットをおススメします。

 縄跳びなら、広いスペースや特殊な道具もいらないし、屋根があれば天候の悪い日でも気軽にできます。それに、お金も時間も掛からないので、仕事や家事、子育てなどで忙しく、時間がなかなか取れない人でも短時間でダイエットをすることができます。

 今回は、短時間で効果が出る!縄跳びダイエットについてご紹介します。

縄跳びダイエットの効果

縄跳びダイエット

 縄跳びダイエットは、脂肪を燃焼させる有酸素運動の一つに含まれており、減量中のボクサーやアスリートの間でもカロリーを効率よく消費させる手段として選ばれています。また、体全体についた余分な脂肪を落とすのに効果があります。跳ぶたびに縄を回すので、二の腕や背中、太ももなどのたるんだ肉も一度に引き締めることができます。

 縄跳びを行うことで、体全体の血行を良くすることができ、リンパの流れをスムーズにさせ、痩せやすい体に改善してくれます。そのため、縄跳びをやめた後も、しばらく代謝のいい状態が続くので毎日の習慣にすると太りにくい体質も同時に手に入れることもでき、健康的にダイエットすることできます。

縄跳びダイエットのやり方とメニュー

 まずは、10分程度から初めて、体が慣れてきたら徐々に時間を増やしましょう。最終的には、ダイエット効果の高い1日20分ぐらいを目安にするといいと思います。

 合計10分間跳ぶために「1分間跳び続けて、30秒休む」というように体が慣れるまでは跳ぶ時間と休む時間を決めておこなうようにしてください。

 1分間跳びが無理なく続けられるようになったら、1分間に跳ぶ回数を増やしたり、休憩を挟む時間を3~4分おきにするというふうに少しずつハードにしていきます。あくまで、無理はせず自分に合ったペースで進めてください。

 普通の跳び方に慣れたら、駆け足跳びや二重跳びに挑戦すると飽きずに長続きさせることができます。また、音楽を聞きながらやると周りも気になりませんし、あっという間に時間が過ぎるのでおススメです。

 縄跳びは跳ぶ速度や実践時間によって消費カロリーがことなります。自分がどれだけのカロリーを消費しているのか知りたいときは、「活動量計」を使うと一目瞭然です。価格は安いので1,500円くらいです。

縄跳びダイエットの注意点

スニーカー

 簡単に思い立ったらすぐにできる縄跳びダイエットですが注意点があります。

 縄跳びダイエットをこれから始める方は、すでに日常生活で運動不足になっている方が多いと思います。縄跳びは、子供の頃、軽々と跳んでいたのでいまでも簡単だと考えている方が多いのではないでしょうか。

 しかし、何も考えずに子供の頃のように100回も200回も一気に跳ぶのは無理があります。実際に飛んでみると、体が重くてあまり飛べなくなっているのに気がついて、ショックを受ける方も中にはいると思います。縄跳びは、全身の体重が足にかかるので膝や足首の関節を痛める可能性がありますので、最初は無理せず始めるようにしましょう。

 まずは、準備運動で体をほぐしてから始めましょう。普段、使っていない部分の筋肉を使うので、最初は筋肉痛になる可能性もあります。徐々に筋肉を使って激しい筋肉痛になって足を痛めたり挫折したりしないように徐々に回数を増やします。

 縄跳びは、着地したときに衝撃があるので衝撃を吸収してくれる靴を選びましょう。スニーカーでも底がしっかりと厚めで足にフィットする靴がオススメです。コンクリートは、衝撃が強いので芝の上やグラウンドなどでやるのがベストです。

 急にハードにやらずに、徐々に時間と回数を増やしていくのが体に無理がありませんので、休憩を挟みながらやるようにしてください。

まとめ

 縄跳びはジョギングを始めるよりも簡単に始められると思います。特に、お子さんがいらっしゃる方は、夕飯の準備をする前に、お子さんと一緒にやってみてはいかがでしょうか?親子で楽しんで運動することができますよ。

 激しい2重跳びなどをしなくても、継続して縄跳びをするだけでOKです。引っかかっても問題ないので、目標の数を決めて飛ぶようにしてみてください。

 また、外で縄跳びをするのがちょっとはずかしいという方は、エアなわとびを使ってみてはどうでしょうか。クッションなどを下に引けば、室内でも簡単に縄跳びダイエットをすることができますよ。まずは、マイナス3kgを目指しましょう!

脂肪測定システム

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

ジャンプ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自宅で挑戦!話題のトレーニングで引き締まった体を手に入れる

  • 5ヶ月で8キロ痩せに成功し、無事に結婚式が迎えられた

  • 役立ったyoutube動画をご紹介【パート2】

  • カーブスでダイエット!30代女子が2年通ったダイエット効果

  • 託児所付きダイエットジムをお探しの方へ【産後ダイエット】

  • テレビで話題のスロージョギングならマイナス5kgも夢じゃない!