1. TOP
  2. その他
  3. 年末の大掃除をしながなら簡単にできる5つのシェイプアップ

年末の大掃除をしながなら簡単にできる5つのシェイプアップ

今回は、年末の大掃除をしながなら簡単にできる5つのシェイプアップ方法をご紹介します。

雑誌や新聞を使った引き締めダイエット

年末の大掃除の時に、いらなくなった雑誌や新聞を捨てる時に取り組める簡単なダイエット法をご紹介します。

やり方

・いらなくなった雑誌や新聞を1束3kg程度の重量になるようにし、両手に持てるよう2つ束ねます。

・両足を肩幅程度に広げます。

・両方の手に先ほど準備しておいた雑誌や新聞の束を1束ずつ持ちます。

・背筋を伸ばし胸を張った姿勢で両腕を伸ばしたままにして横に広げます。

・その状態から両腕が水平になるくらいまでゆっくり持ち上げていきます。

・両腕が大体肩近くまで持ち上げたら、一旦止めて、10秒保持します。

・今度はゆっくりと時間をかけて両手に持っている束を下ろします。

この上げ下げを1セットとして10セット行います。ただし、余裕があるようであれば20セット行うとより効果的です。

ポイントとして雑誌や新聞の束を両腕で持って上げ下げする時に、胸を張って背筋を伸ばした姿勢を維持することを意識して取り組むようにしましょう。

掃除機を使ったダイエット

掃除機ダイエット

ダイエット目的でウォーキングやラジオ体操などの運動に取り組まれている人も多いかもしれませんが、1時間あたりのカロリー消費量はウォーキングが約150kcal、ラジオ体操が約250kcalと言われています。

年末の大掃除になると掃除機をかけている時間が長くなると思いますが、実は掃除機を使った掃除のカロリー消費量は1時間あたり約200kcalから300kcalであり、先述したウォーキングやラジオ体操と同程度、もしくはそれ以上のカロリー消費量が得られるのでダイエットに効果的なのです。

効果的な掃除機のかけ方

・片手で掃除機を持ちます。

・お腹と背中の筋肉を強く意識した状態で、お尻を締めてどちらか一方の足を前に突き出します。

・前に出した足に体重を乗せて股関節を伸ばすことを意識して、伸ばした足の角度が90度になるとこまで腰を落とします。

・そのままの状態で3分間キープします。

・終わったら、もう一方の手に掃除機を持ち替えて、逆側の脚の股関節を同じように3分間伸ばして終了です。

雑巾がけダイエット

雑巾がけダイエット

年末の大掃除では掃除機をかけながら簡単にできるダイエット法だけではなく、雑巾がけでも簡単にできるダイエット法があります。

雑巾がけの1時間当たりのカロリー消費量は約200kcalと言われていますが、これは自転車で1時間走ったカロリー消費量とほぼ同じです。

雑巾がけをより効果的に行う方法

・四つん這いの姿勢になります。

・片手を使って通常通り雑巾がけを行います。

・雑巾がけを片手で行ったままの状態で、雑巾をかけている手と逆側の脚をまっすぐ伸ばします。

・伸ばしたり縮めたりを左右5セットずつ行います。

脚を伸ばす時のポイントとして、腰回りの筋肉を刺激することを意識しながら行うようにしましょう。

この方法は腰などに負担をかけることになるので無理のないようにし、腰を反らせた状態で行うと転倒の可能性もあるので、腰回りの筋肉に力を入れて腰を反らせないように注意しましょう。

雑巾がけで脚痩せ効果

脚の太さが気になるという女性は多いかもしれませんが、年末の大掃除で行う雑巾がけで簡単に脚痩せ効果が期待できるダイエット法があります。

見た目の美しい脚のラインにするには太ももやお尻まわりの筋肉を刺激して引き締めることが重要ですが、この方法では手ではなく脚で雑巾がけをすることで床を綺麗にしながら、脚も綺麗にするという一石二鳥の方法です。

脚痩せに効果的な雑巾がけ

・立った状態でどちらか一方の脚で雑巾を踏みます。

・もう一方の脚の膝を曲げて、腰を落としながら雑巾を踏んでいる脚を真横へゆっくりスライドさせます。

・真横へスライドさせた足をゆっくり元に戻して1セットです。

・左右の脚を入れ替えて10セットずつ行います。

余裕があれば15セットと回数を増やしていくとより一層効果が期待できます。ポイントとして上半身は背筋を伸ばし、胸を張った状態で真っすぐに保ったまま行うように注意しましょう。

同じ場所で行わないようにすれば床も全体的にキレイになるので、一石二鳥です。

窓拭きエクササイズ

窓拭きダイエット

脚の中でもキュッとしまった足首に導くエクササイズであり、窓ふきを行いながら取り組めるダイエット法です。

やり方

・窓がある壁に向かってまっすぐ立ちます

・どちらか一方の手に雑巾などを持ちます。

・窓に雑巾を密着させたまま、その手をまっすぐ上方向へ伸ばします。

・その状態のまま伸ばした手と同じ側の脚を上げて、もう一本の脚のひざ裏にその脚をかけ、状態をキープします。

・ひざ裏に脚をかけたままの状態でかかとを上げてつま先立ちし、元の状態にゆっくり戻すで1セットとなります。

目安としては休憩を挟んでも構わないので、左右の脚を1セットずつ入れ替えて左右合わせて10セットを3回繰り返して30セット行います。

この方法のポイントは、ふくらはぎの筋肉を刺激することを意識しながら行う点と、つま先立ちから元の状態に戻す時に1秒から2秒かけてゆっくり戻す点になります。

まとめ

いかがだったでしょうか。どれも簡単に取り入れることができると思います。

ちょっと工夫するだけで、カロリーを消費することができます。

今年は、ダイエットや引き締め効果を意識しながら、大掃除をしてみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

掃除ダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • オルビスのプチシェイクを2ケ月!6キロ痩せた産後ママ

  • モチベUP!痩せてよかったと思える最高の瞬間5選

  • トイレタイムを有効活用したお手軽ダイエット

  • 再開する時に注意する5つのこと

  • レスパス(Lespas)の特徴と活用方法をご紹介

  • 夫婦で5キロ以上痩せた!お金を使わない組み合わせ