遺伝子ダイエット

あなたは大丈夫?正月太りしやすい人の特徴

osechi

 正月が終わって体重を計ると見たこともない数字が出てきた経験はありませんか?

 本当、お正月は気を抜くとあっという間に太っちゃいますよね。

 でもなぜ、お正月に太る人が多いのでしょうか?

 今回は、正月太りしやすい人の特徴についてご紹介します。

正月太りしやすい人の特徴

mochi

 お正月太りというとどうしてもお正月の三が日で一気に太ってしまうと思いがちですが、実は年末年始にかけてクリスマス会や忘年会などイベントごとが多くなるというタイプの人は、その時点で太りやすくなっていることが多いと言えます。

 特に年末からすでにおもちを食べ始めている方は注意が必要です。おもちは、食べてすぐに満腹感を感じないのでつい食べ過ぎてしまい、あとで太ります。

 つまり年末の時点で徐々にカラダが太り始めていて、大みそからかお正月の3日間でさらに一気に太ってしまうといったパターンが多いのではないでしょうか。

 当然、お正月前にすでに太り始めているのですから、あとはそこに体重と脂肪を積み重ねるだけですので、誰でも簡単に太ってしまいますよね。

 逆に年末のイベントごとをそこそこにとどめて太り始めなかった人は、大晦日からお正月にかけての食生活などによって太り始める状態ですから、万一、食べ過ぎて太ってしまったとしてもすぐに解消することができる可能性も高いです。

 なので、年末に太り始めてしまった人は、その上に正月太りを足してしまうので解消するのが難しくなり、なかなか痩せることができません。正月太りしたというほとんどの人は、これに当てはまるのではないでしょうか。

正月太りをしないためにできること

 今年もクリスマスに忘年会・女子会と年末にたくさんのイベントに参加して、すでに食べ過ぎているなあと思っている人は、少しカラダを動かす機会を設けてエネルギーの消費を行うようにすることで太るのを防ぐことができます。

 年末の大掃除を一生懸命やって汗を流すといったのもいいですよね。掃除は、カラダのいろんな筋肉を使うし、部屋もきれいになるのでおススメです。

 また、食べたり飲みすぎたら、次の日に軽い運動がポイントになってきます。積極的にカラダを動かすようにしましょう。ただし、この時期は外の気温が低いので早朝からの運動はカラダに負担がかかりますので避けるようにして下さいね。

 もちろん、お正月くらいはゆっくりとしたい。という気持ちもあるかと思いますが、日中ゆっくりと家の近所を散歩してみたり、初詣には電車などの公共交通機関をつかって歩いていってみるなど運動する機会を積極的に設けることも必要です。

 ずっとこたつでおせち料理を食べながらテレビを見てゴロゴロでは、正月太りしてしまいますからね。

『効率派』or『非効率派』
あなたはどっちを選びますか?

テレビで話題の遺伝子型ダイエット

最初のコメントをしよう

必須

*