1. TOP
  2. その他
  3. 知って得する!正月太りの原因と解消方法

知って得する!正月太りの原因と解消方法

太もも

 年末年始を迎える1週間程度の期間というのは短期間なのになぜか普段の1週間よりも太りやすいですよね。

 正月太りといわれているこの期間に太ってしまう原因は一体なんなのでしょうか?

 正月太りの原因と解消方法をご紹介していきます。

正月太りの原因

お腹の肉

出典 http://www.popsugar.com/

 まず、正月太りの原因の一つは、摂取カロリーが増加しているのに対して、消費カロリーが減少しているからです。

 簡単に言うと、「食べ過ぎと運動不足」です。

 年末年始にかけてのお料理というのは栄養価も高く、また保存性が高いものが多く、塩分や糖分も多く含まれています。とくに塩分が高い食事というのは、カラダがむくみやすい状況を生み出しやすく、女性とっては天敵だと言えます。

 その上、プールやジムも休みになるので、定期的に普段運動している人も運動不足になりやすいです。当然、運動不足が重なると、血行が悪くなって老廃物や水分などが身体の内部に溜まりやすい状況になりますので、水太り、つまりむくみによって太るということが多いです。

 よく考えてみると、お正月休みが終わるとふくらはぎがむくれていて、お気に入りのロングブーツが履けなくなっていたり、スキニーパンツを履こうと思ったら太ももとお腹周りが太くなっていて履きにくかったり、スキニーが履けなかったという経験をしたことがある人もいると思います。とくに足はむくみやすいので、このようなことが起こりやすいです。

 もちろん、高カロリーで高脂肪の食事をして、こたつでゴロゴロなんて生活をしていれば、体脂肪がつき太ってしまうということもありますが、正月の場合、このむくみが原因で太ってしまうことがとても多くなります。

 正月太りを心配するときには、むくみ対策をしっかりと行うことで、正月太りをしないで済んでしまうこともあります。次にご紹介する正月太りの解消方法を参考に、しっかりとむくみ対策をしておきましょう。

正月太りの解消方法

 先ほど、紹介したとおり、正月太りは主にむくみが原因で起こることが多くなっています。しかし、このむくみを放っておくと今度は本格的にカラダに脂肪がついて、太っていってしまいますので、まずは初期段階であるむくみを解消させることが大切です。

 むくみを解消するためには、まずカラダの中に溜まっている老廃物や水分をしっかりと排出してあげることが大切になってきます。

老廃物や水分を排出させるには、リンパと呼ばれる毛細血管から浸出した一般にアルカリ性の黄色の漿液性の液体の流れをよくする必要があります。

 このリンパはリンパ管の中を流れており、リンパマッサージで流れを良くしてあげることができます。そうすることで、むくみの原因となっている老廃物や水分をスムーズに排出させることができます。

 ただし、やみくもにマッサージをしてもあまり効果はないので、リンパ経路に沿って優しくマッサージを行うようにしましょう。

キウイフルーツ

 多めに水分をとり、バナナやキウイフルーツ、あさりや海藻などを食べるのも効果的だと言えます。

 この時期ですとお正月料理に残ってしまった黒豆などを食べるのもよいのですが、黒豆は砂糖をたくさん入れて煮ますので、食べ過ぎると糖分の摂り過ぎになって、逆に太ってしまいますので気を付けましょう。

 もちろん、リンパマッサージだけではなく運動をすることも大切です。あまりハードな運動である必要はなく、ウォーキングなどが効果的です。

 お正月明けにでも七福神めぐりなど歩きながら楽しむことができるお散歩に行ってみるということもおすすめです。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

太もも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • やせぷりとは?

  • 私は痩せられない?痩せられる?5つの習慣を今すぐチェック

  • 2016年雑誌で紹介された人気ランキングTOP5

  • 希望の体重・体型に近づくためには目標の立て方が大事

  • 痩せられる女と痩せられない女の違いがわかる7つの太る習慣

  • インスタグラムを活用すれば自分に負けず続けられる!