1. TOP
  2. その他
  3. 知らないで済まされない!脂肪溶解注射のメリットとデメリット

知らないで済まされない!脂肪溶解注射のメリットとデメリット

 新しいダイエット美容法として、いま注目を集めている脂肪融解注射をご存知でしょうか?

 やせ効果が高く、手軽にできると言われていますが、メリットとデメリットのそれぞれが存在しますので、後悔しないためにも事前に知っておくようにしましょう。

 また、納得のいく仕上がりを得るためにも、脂肪融解注射の実態をよく理解した上で施術にのぞむことが肝心です。

脂肪融解注射のメリット

 メリットについてですが、脂肪融解注射はなんといっても注射一本でできる手軽さです。脂肪融解注射は脂肪吸引とは異なり、大掛かりな機械を使って体に傷をつけたりすることが一切ありません。

 注射で薬剤を注入するだけでダイエット効果が得られ、その手軽さが最大の魅力となっており、体を傷つけたくない女性から支持されています。

 基本、痩せたい部分に注射を直接打つだけですので、施術はわずか数分と大変短時間で終了しますので、仕事帰りや買い物ついでに受ける方もいます。

 また、施術後に痛みが出たり出血したりということもありませんので、施術直後から普段通りの日常生活が送れるという点も大きなメリットの一つです。
 薬液は時間が経つと体内に吸収され、その過程で脂肪を溶かし、溶けた脂肪は排泄物とともに体外へと排出されます。

 薬液が体に残ったりという危険性もなく、体に優しいダイエット法ですので、初めての人でも安心して施術が受けられるという部分も人気の理由の一つとなっています。

脂肪融解注射のデメリット

 一方でデメリットを挙げるとすれば、それは効果が出るまでに必要な回数です。

 脂肪融解注射は脂肪吸引のように一気に脂肪を除去できるダイエット法ではなく、脂肪溶解作用のある天然成分で少しずつ脂肪細胞を減らしていくというものです。

 1回の注射で誰から見てもわかるような効果が出るということはまれで、基本的には合計5~6回の注射をワンクールとして行うことが多いです。また、注射した薬剤が完全に皮下に吸収される迄には3週間程度の時間がかかります。

 一度注射した薬剤が完全に吸収されてから次の注射をするという流れになりますので、合計施術期間としては最短でも3ヶ月半程が必要となります。

 気長に何度もクリニックに通院するのが面倒と感じる人にとってはこの点はデメリットになってしまいます。

 また、安全性についてですが、クリニックによっては低価格でできるところもあるそうですが、安いからといってそれだけで決めてしまうのは非常に危険です。

 脂肪融解注射には、整形手術と同様、腫れや痛みがひどくなったり、肌が凸凹したといった失敗例もあります。価格だけではなく、しっかりとデメリットも説明してくれるようなクリニックを選ぶようにしましょう。

 以上のメリットとデメリットを理解した上で、脂肪溶解注射を検討するようにしてください。その他、わからないところや不安な点は、直接ドクターに相談してみるのが一番です。

 比較する意味も含めて、複数のクリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

脂肪融解

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • あなたは大丈夫?正月太りしやすい人の特徴

  • 2015年3月からスリ真似を始めて、約3ヵ月で6キロ痩せました

  • キャロライン・アポヴィアン考案の寝ながら痩せる方法

  • 知らなかったでは遅い!ダイエット中に女性の髪が抜ける3つの理由

  • 夏に向けて部分痩せに挑戦!半身浴のやり方

  • 2016年雑誌で紹介された人気ランキングTOP5