1. TOP
  2. その他
  3. 女子会・忘年会続きでも太らないための5つの教え

女子会・忘年会続きでも太らないための5つの教え

女子会・飲み会

年末年始が近づいてくると飲み会が多くなります。女子会や会社の集り、さらには忘年会と続きますよね。

そのため、アルコールを摂取する機会も多くなるし、お酒だけでなく食べ物も脂っこい食べ物や味付けの濃い料理など、ダイエット中の女子にはつらい食事も多くなるでしょう。

美味しい食べ物があるからといって、好きなだけ食べてしまうと、一気に太る原因になります。アルコールなども、仲のいい友人たちとの集りだと、つい羽目をはずしてしまい、のみ過ぎてしまうこともあると思います。

とくにお酒が入り、いい気分になると、目の前においしそうな料理があるならば、食べてしまうのもある程度は仕方ないことなのかもしれません。

また、女子会だけでなく、忘年会になると、年末ということもあり、一年のストレスの解消にみんなで盛り上がるので、食べすぎ、飲みすぎなど考えるのもめんどくさくなる気がするのも理解できます。

しかし、その気のゆるみが自身の身体に対して大きな代償となってしまうこともあります。

そうならないためにも今回は「女子会・忘年会続きでも太らないための5つの教え」をご紹介していきます。

では、5つの教えをみていきましょう。

女子会・忘年会続きでも太らないための5つの教え

1.自分を甘やかさない

ダメ

女子会だから、忘年会だからと理由をつけて、自分を甘やかすのをやめましょう。

飲み会だからこそ、気を抜いてはいけないという自覚を持ち、周囲にあわせずに、食べること飲むことに関して、自分のペースを守ることが大切です。

とにかく、周りの人に流されず、気をゆるめないこと、これが教えの1つめです。

2.お酒のペース配分に注意

飲みすぎ注意

次に、飲み会でのお酒の飲むペースです。

基本的に集団で飲み会をする場合には、グラスが空いたら、自分で次を頼む前に、周囲の人が気を使って次に何を飲みたいか聞いたり、店員を呼んでくれることも多いでしょう。

飲み会の場で周囲に対して気を配ることは大切なことです。ですが、ダイエット中で太らないために大切なことは、極力グラスを空けないことです。

ある程度お酒を飲んでいるのがわかると、次々と注文してくれる方もなかにはいます。親切な人なのかもしれませんが、これは周囲に飲むペースをあわせる必要がでてきてしまい、自分のペースで飲むことができず、飲み過ぎの危険性がでてきます。

このような場合には、一口、二口お酒を飲んでおき、その後、できるだけゆっくり飲むようにしてグラスを空けないように心がけましょう。そうすることで、余分にアルコールを摂取することを防ぐことにつながるでしょう。

また、周囲からグラスを空けたら注文するよといわれても、今日は体調がすぐれない、自分はあまりお酒が飲めないなどといって、回避するというのも一つの手です。

3.食べすぎに注意

料理

3つめは、食べ物です。飲み会の席では、お酒だけではなく、さまざまな料理がテーブルに並びます。この場合、ある程度は食べるのはかまいませんが、あくまで夕食として必要な栄養を取るためには、必要な分だけを食べましょう。

太りやすい食べ物は極力避けることは忘れてはなりません。また、味付けの濃い料理などが多い場合には、自分で豆腐料理などを頼んでみるのもいいでしょう。

豆腐などの場合には、それほどスタイルが崩れてしまうようなカロリーもありませんし、なによりヘルシーです。また、サラダなどを頼んで、栄養バランスなどもとることが大切です。

4.生活習慣の乱れに注意

寝不足

4つめは、生活習慣です。飲み会などが続く場合には、夜遅くまで飲み会の場合なども多く、不規則な生活になりがちです。少しでも生活リズムを整えられるように、日頃から体調管理をすることや規則正しい生活を心がけていくようにしましょう。

また、運動をする習慣は、脂肪を燃焼することになるため、冬の寒い時期であってもある程度、外でランニングなどをしておくといいでしょう。

飲み会が多いため、睡眠もあまり取れていない状況なので、無理は禁物ですが、できる限り身体を動かす習慣というものは維持していけるように、日々、意識してすごしましょう。

ダイエットをしたり、また太らないためにさまざまな対策をしても、挫折をしてしまう理由の一つに、忙しい日々が原因の場合もあります。

仕事が忙しい、用事ができたから、規則正しい生活ができない、今日は無理というちょっとした甘えから、その後、日課としていた運動をするのが嫌になり、やめてしまうこともあるでしょう。

そのようなことにならないように、身体がきつい時、疲れている場合には、ゆっくりと休むことも必要です。ただ常に、日課として続ける習慣がある場合には、少しでも達成できるように、日々、心がけていきましょう。

5.太らない意識をつねに持つ

女性

最後に、女子会だから、忘年会だからとして太らないように意識するのではなく、常に、その意識を持つことが大切です。何かあるから、太らないようにと考えるのではなく、日常的に日々、過ごしている時も常にその意識を保ちましょう。

そうすることで、自然と生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどに気づき、自分でそれほど意識しなくてもダイエットにつながります。

結果的にいつの間にか、太りにくい生活環境が成り立っていくことになります。また、何事もやる場合には、継続していくことが大切です。

忘年会が終わっても新年会があり、この先も他の行事・イベントなどもあるでしょう。そのためどのような時でも、太らないためにどうしたらいいかを常に考えることが大切だと言えます。

まとめ

以上、女子会・忘年会続きでも太らないための5つの教えとなります。

どうしても年末年始は食生活や生活のリズムが崩れやすいです。体重維持・ダイエット中の方は、5つの教えを意識しながら、女子会・忘年会を楽しむようにしましょう!

この季節の油断が春以降のダイエットに響きますよ。

脂肪測定システム

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

女子会・飲み会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ジョギングやウォーキング中に聴きたい曲|アンケート結果

  • 2016年テレビで紹介されたダイエット方法の人気ランキングTOP5

  • えっ!女性は脳のはたらきが原因で失敗していた!?

  • 体脂肪率とLBM,BMIを使った正しい目標体重の出し方と計算式

  • オルビスのプチシェイクを3人の女性が実践した結果

  • ダイエッター必見!知っておきたい便秘の原因と4つの改善策