1. TOP
  2. その他
  3. 年末年始で正月太りしないための女子の5つの心得

年末年始で正月太りしないための女子の5つの心得

女性

今年も残すことあと僅かとなりました。

12月に入りますと忘年会やクリスマスに大晦日、年が明ければお正月に新年会など、年末年始イベントづくしです。

美味しいものに舌鼓をうち、甘いひとときを過ごす女子も多いと思います。ですが、気を付けないと悪魔がやって来ます。

それは脂肪です。

雰囲気に飲み込まれてアルコールや食べ物をいつもよりたくさん摂取してしまう場合がありますが、気を付けないとハイカロリーな食事が続くことになります。

太っても、またダイエットをすれば良いかと自分を甘やかした結果、イベント終了後にはウエストサイズがアップしたり体重が増える結果になります。

一度ついてしまった脂肪や増えた体重は落とすのが大変です。

今回は、正月太りを防ぐための5つの心得をご紹介します。毎年、正月太りに悩んでいる方は参考にしてみてください。

正月太りを防ぐための5つの心得

1.食事は野菜から食べる

野菜から食べる

1つ目は、食事はサラダなど野菜から先に食べましょう。少し前にキャベツダイエットが流行ったのをご存知でしょうか。食事の前にキャベツをたくさん食べるという方法です。

実は食事の前に野菜を摂取することにより、血糖値の急上昇を防ぎなだらかにしてくれるといわれています。また、食物繊維が脂肪と糖の吸収を穏やかにしてくれる効果があるので、消化にも時間がかかりますし、咀嚼回数も多いので食べ過ぎを防ぐことができるのです。

冬はサラダは体を冷やしてしまうので、冷え性の方は温野菜を食べるようにするといいです。個人的には、野菜たっぷり具だくさんあったかスープがおすすめです。

【参考記事】

脂肪燃焼スープを2週間飲んで45キロまで痩せることに成功

30回以上噛むだけで痩せ効果がある咀嚼(よく噛む)ダイエット

2.塩分に注意

顔のむくみ

2つ目は、塩分の高いものは気を付けましょう。

塩分をとりすぎてしまうと浮腫の原因になります。顔や足がパンパンになってしまい、行くときは履けたブーツも帰るときはキツくなっている、という事にもなりかねません。

わたしは翌朝、足がパンパンになってしまうことがあり、そんなときにはカリウムを摂取するよう心がけています。じゃがいもや瓜科の食材にカリウムは多く含まれます。

カリウムには利尿作用があり、体内の余分な水分や塩分を尿として体の外に排出してくれる効果があるからです。高血圧の方にもカリウムはおすすめなんだそうです。

また、白湯を飲むのも効果があります。浮腫からと水分を摂取しない人がいますが、逆効果です。体内に水分を取り入れ、代謝を促し余分な水分を出しましょう。

【参考記事】

【むくみ対策】ダイエット中に水を飲むことの大切さを知ろう

【むくみ解消】足と足首のむくみにはストレッチとマッサージ

3.適度な運動

ヨガ

3つ目は運動をしましょう。寒くなるこの時期は、運動をしなくなります。炬燵に入って寝転んだり、寝ながらミカンを頬張る。

寒いところまで物を取りに行くのが嫌だからと身の回りに色んな物を並べて、なるべく動かないようにしている人がいるかもしれませんが、動かなければエネルギーが消費されません。

カロリーの消費と摂取の比率が一気に崩れてしまい、どんどん蓄積されます。

ただでさえ寒くて代謝が落ちてしまう冬に、食べてばかりで動かなければどんどん脂肪の鎧を纏うことになります。なるべく意識して動くようにしましょう。

温かなお部屋でヨガやストレッチなどのエクササイズでも構いません。

小さなお子さまがいれば、抱っこしてスクワットをするだけでもかなり効果はありますし、スキンシップも増えて一石二鳥といえるでしょう。

【参考記事】

自宅でヨガダイエット!ダイエット効果が高い3つのヨガポーズ

超簡単!自宅にあるクッションを○○するだけで足がだんだん細くなる

4.アルコール

女子会

4つ目は、年末年始に人が集まるとついつい飲み過ぎてしまうアルコールです。アルコールはカロリーも高いうえに糖質たっぷりドリンクです。

角砂糖に例えるともう数えきれないほどたくさんの糖質が入っているお酒もあり、角砂糖をボリボリ食べているのと同じような糖質摂取になってしまいます。

ひさびさに皆が集まると雰囲気や楽しい会話でお酒も進んでしまったり、勧められて飲んでしまったりということがあります。また、冷たい飲み物は体を冷やしてしまい、代謝が悪くなったり浮腫む原因にもなります。

ゆっくり一杯を飲んで飲み過ぎを防いだり、温かいお茶にしてカラダを冷やすのを防ぐなど対策を取るようにし、絶対ここまでしか飲まないと強い意思を持つことも大切です。

【参考記事】

女子会・忘年会続き!酒太りしにくい飲み方とお酒の種類

女子会・忘年会続きでも太らないための5つの教え

5.鍋料理に注意

鍋料理

5つ目、実はヘルシーそうに見えてここが落とし穴。鍋料理にも注意です。

一見ヘルシーそうに見える鍋料理。野菜がたくさんで温かい料理だから大丈夫だろうと思われがちですが、材料によっては太ります。

一番ヘルシーなのは水炊きです。

野菜や鶏肉などバランスよく入っており、ポン酢などで食べればカロリーも抑えられます。ですが、しゃぶしゃぶや寄せ鍋となりますと、徐々に色んな食材が入っているので、お肉の脂身の取りすぎは気を付けなければいけません。

更に、すき焼きは食材だけではなく、タレも砂糖がたくさん使われているので、高カロリーな鍋料理になってしまいます。

ダイエット中の人は鍋物も気を付けましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

年末年始で正月太りしないためのダイエット女子の5つの心得をご紹介させてもらいました。

これから楽しいイベントが待っており、ついつい食べ過ぎ飲み過ぎで太ってしまう時期になります。

これらの事に気をつけて楽しい年末年始にしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 知らなかったでは遅い!ダイエット中に女性の髪が抜ける3つの理由

  • 今年こそ痩せる!知らないと後悔する間違ったダイエット方法

  • 知っておきたいダイエットの3つの落とし穴

  • 女子におすすめ!コンビニの低カロリー食品ベスト10

  • あなたは大丈夫?正月太りしやすい人の特徴

  • 2016年雑誌で紹介された人気ランキングTOP5