1. TOP
  2. その他
  3. テレビや雑誌でよく目にする脂肪吸引とは?

テレビや雑誌でよく目にする脂肪吸引とは?

脂肪吸引とは、吸引管を使って細くしたい部位の脂肪細胞を吸引することで、ボディラインを整える痩身法です。

脂肪の合成や分解、蓄積を行う細胞のことを脂肪細胞と呼び、エネルギーを蓄積する働きがあります。この細胞が大きくなったり小さくなることで、太ったり痩せたりするといわれています。

一般的にダイエットの場合は、体重を減らすことに重点を置いていますが、脂肪吸引の場合は、ボディラインを整えることに重点を置いていることがほとんどです。

脂肪吸引の場合は、気になる部位の余分な脂肪だけを直接取り除くため、簡単に部分やせが可能です。残っている脂肪細胞が大きくなったとしても、数自体が減少しているため、リバウンドの心配もほとんどないとされています。当然、すべての人が効果を維持することができるわけではなく、リバウンドをしている人もいます。

手術法には、様々な方法がありますが、止血薬や麻酔薬を生理食塩水で薄めた溶液を脂肪に注入して吸引するチューメセントがスタンダードな方法です。

吸引後の経過は、手術する部位や手術法によって異なりますが、基本的なアフターケアとしては、内出血を防ぐために、術後にはスポンジやコルセット、包帯などをつかって圧迫します。

また、感染症を防ぐために抗生物質や痛み止めを服用することになります。術後2週間を過ぎると吸引した部位が硬くなる拘縮期になります。拘縮期に入ってからマッサージでケアを行っていき、自然な状態に戻していきます。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

脂肪吸引

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 女子会・忘年会続きでも太らないための5つの教え

  • 脂肪吸引が向いている人と向いていない人の特徴

  • 痩せられる女と痩せられない女の違いがわかる7つの太る習慣

  • ダイエット外来に行く前に知っておきたい効果と選び方

  • 2016年テレビで紹介されたダイエット方法の人気ランキングTOP5

  • ダイエット外来で失敗しないための脂肪吸引の選び方