1. TOP
  2. その他
  3. あなた自身で太りにくい体を作っている!間違った減量法

あなた自身で太りにくい体を作っている!間違った減量法

悩む女性

 いままでに痩せるために、偏ったダイエット方法を取り組んだことがある人もいるのではないでしょうか?

 一時的に、体重を落とすことができたけど、最終的にリバウンドしてダイエット前より太ったという人も多いと思います。

 これは、偏ったダイエットを行ったことで、体のバランスが崩れてしまい、逆に痩せにくく、太りやすい体質を作り上げてしまったため、リバウンドしたといえます。

 今回は、偏ったダイエットの問題点について、説明したいと思います。

体に大切な三大栄養素

三大栄養素の説明

引用:https://www.nipro.co.jp/

 これだけ食べていれば痩せるとか、これだけ飲めば痩せるなど、体にとって危険なことが多いです。

 体の基本的な三大栄養素は、たんぱく質、脂質、炭水化物です。それらを分解し、吸収しやすい形にするのが酵素の働きで、ビタミンやミネラルなどの栄養素になります。

 一つの食品にも栄養素は含まれていますが、体を構成するのに必要な分の栄養素は補えません。

 仮に酵素の働きがないとした場合、体の中に取り込んだたんぱく質などの栄養素を分解、吸収するのに必要な年数は約50年かかるといわれています。いかにビタミンやミネラルの働きが大切なものであるかが分かるのではないでしょうか。

 体の中にも、潜在酵素と呼ばれるものがありますが、それらは使っていくうちに減っていくため、いかに外部から補酵素(コエンザイム)としての働きがあるビタミンやミネラルを摂るかによって、体の負担を減らし消化や吸収の働きを助けるのかにもかかっています。

たんぱく質

 体の構成する成分のうち一番多いのは、たんぱく質で筋肉や髪の毛、皮膚、血管、また免疫細胞にいたるさまざまな細胞の構成にとってとても必要になります。

 それが不足すると、髪がパサついたり抜けやすくなったり、皮膚のハリがなくなってきたりします。また、肌のたるみなどが出てきて、実年齢よりも老けて見られたりと、見た目だけでもマイナスな面が出てきてしまいます。

脂質

 脂質に関しては、細胞膜やホルモンの原料、胆汁酸の原料としての大切な働きがあります。細胞膜は皮膚で言うところの皮脂膜になるので、それが不足することで、肌が乾燥しやすくなり、皮膚トラブルなども起きやすくなります。

炭水化物

 炭水化物に関して言えば、体を働かせる一番のエネルギー源になっています。脳にとっては炭水化物であるぶどう糖が脳を働かせるための唯一のエネルギー源になります。

 どれも偏って摂りすぎるとよくないのですが、体の健康を維持していくためには、それぞれの栄養素をバランスよく摂ることが大切になります。

偏ったダイエットの問題点

考える女性

 一つの食品に特化したダイエット方法は、まず体に必要な栄養素が足りなくなります。以前、りんごダイエットやこんにゃくダイエットなどのそれだけダイエットというものがありましたが、一種類の野菜や果物などだけでは、体を構成する栄養素が摂れずに不足した状態が続いていてしまいます。

 当然、体重は落ちますが、その落ちた体重のほとんどが筋肉や骨などの体にとって必要な除脂肪細胞というものが減って、痩せていく形になります。特に、筋肉の量は基礎代謝にもかかわるので、それが落ちることによって基礎代謝量も減り、脂肪をエネルギーとして変換する力が弱まります。

 なので、一時は体重が落ちて喜べたとしても、筋肉が落ちているので、食べたものをエネルギーとして消費することができにくくなり、結果的に脂肪として蓄積されやすい体になってしまいます。

 体重は軽くて、スレンダーなのに、体脂肪が肥満のパーセンテージになっている方も多いです。

 その状態を続けていくと、さらに痩せにくい体になり、食事の減量だけでは体重は落ちないどころか、引き締まりのない体になり、中年太りといった状態を招くことが考えられます。

痩せにくく、太りやすい体質を作る原因

絶句する女性

 一般的に30代以降は基礎代謝自体も少しずつ下がっていくので、必然的に痩せにくい体にもなっていきます。

 体脂肪を燃焼させ、エネルギーに変換させるのに必要なものは筋肉になってくるので、食事の減量だけで筋肉を鍛えなければ、筋肉量の減った分がほぼ体重減少とイコールになります。

 そのため、リバウンドをした時には体脂肪がその分増え、筋肉量は減った状態のままになり、偏った食事だけのダイエット方法を繰り返していくうちに、もっと痩せにくい体をあなた自身で作っていくことになります。

 しかも、筋肉は脂肪よりも重たいので、痩せた分はほぼ筋肉などの除脂肪細胞が落ちたことに繋がります。

まとめ

 「若いころはこれ(偏ったダイエット方法)で痩せれたのに」という言葉をよく耳にしますが、いかに偏った食事によるダイエット方法が自身で太りやすい体質を招いていたのかが理解してもらえたと思います。

 痩せやすい体を取り戻すためには、適度な運動と、バランスの良い食事、良質な睡眠と、続けていくというあなた自身の意志なのではないでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

悩む女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 2016年テレビで紹介されたダイエット方法の人気ランキングTOP5

  • 辛くなったときに聴きたい曲名|アンケート結果

  • キャロライン・アポヴィアン考案の寝ながら痩せる方法

  • 女子会・忘年会続きでも太らないための5つの教え

  • ジョギングやウォーキング中に聴きたい曲|アンケート結果

  • 知って得する!正月太りの原因と解消方法