遺伝子ダイエット

補正下着の正しい選び方をご紹介!間違った補正下着はNG

健康女性

補正下着に興味を持っている女性もたくさんいるのではないでしょうか?

ジムやエステと違い、補正下着は着用している間ずっとボディメイクし続けてくれます。

たったそれだけで綺麗になれるなら、ぜひ日々の生活に取り入れていきたいですよね。

しかし、間違った補正下着を選んでしまうと、逆に体型を崩してしまう原因にもなってしまいます。

そこで、今回は補正下着を販売していたharuさん(30代)に正しい補正下着の選び方についてお話を聞くことができましたのでご紹介します。

補正下着を選ぶときの3つのポイント

補正下着を選ぶときに抑えておいてもらいたい3つのポイントをお伝えしたいと思います。

補正下着の選ぶときの3つのポイント

1.自分の正しいサイズを知る
2.補正下着の種類を把握する
3.理想に近づける為にどんな種類を選ぶか

自分の正しいサイズを知る

採寸

自分の正しいサイズを下着屋さんなどではかって貰って下さい。

できれば、ヌード採寸が理想です。

補正下着は補正力が強いものだと、ヌードの姿も変わっていきます。その為、間違ったサイズを着用する事でヌードでのボディラインを崩してしまう可能性があるからです。

例えば、指輪をはめ続けていると指が指輪の所だけ細くなりますよね?

女性の体はつきたてのお餅のように柔らかいので型をつけてしまえば、その形に近づきます。

三角のブラジャーをつけ続けると、胸は三角になってしまうのだとか…。

ですから、補正下着を着けるにあたって、サイズ選びはとても重要なポイントになるのです。

補正下着の種類を把握する

補正下着

補正下着の種類はたくさんあり、悩みによって使いわける必要があります。

大きな胸でお悩みの方には、フルカップブラジャーで胸を体のラインの中に収まるようにし、バスト位置を上げるとコンパクトに見せることができ、バストラインが上がることでウエストが細くなります。

下半身でお悩みの方には、ロングガードルで足を細く見せることができます。

ヒップが気になる方は、ショートガードルでお尻を寄せて小さくみせる。

お尻の高さや、体のラインが気になる方にはボディスーツでお尻を持ち上げ、体のラインを滑らかに。

ウエストにはウエストニッパー等、様々な種類があります。

自分の体にあったサイズを把握したら、何度も試着を重ね、理想の体に近づける補正下着を選ぶようにしてください。

理想に近づける為にどんな種類を選ぶか

理解できた女性

補正下着にどんな種類があるのか把握したら、何をどのように着ればよいのか考えます。

例えば、足を細くしたいからとロングガードルばかり履いているとどうなるのでしょうか?

下着をつけた時、お肉が無くなるわけではないので、細くなった分どこかに移動しています。

ロングガードルの場合、足のお肉は、お尻やウエスト、膝上に移動していきます。

そうすると、お尻が大きく見えたり、ウエストが太くなったりする可能性もあります。

それらを避ける為には、ロングガードルを身につけた次の日はショートガードルを履くなど、組み合わせをして、自分で自分の体をボディメイクしていくと、より理想の体に近づけます。

もちろん、部分的だけで良いという場合は、無理に他の種類を揃える必要はありません。

まとめ

このように、補正下着は正しいサイズを知り、種類や機能を把握し、自分にあった商品を自分にあったスタイルで日常の生活に取り入れていくことで理想の体に近づけていくことができるのです。

興味のある方は、補正下着とうまく付き合って楽しい毎日を過ごして下さいね。

『効率派』or『非効率派』
あなたはどっちを選びますか?

テレビで話題の遺伝子型ダイエット

最初のコメントをしよう

必須

*