1. TOP
  2. その他
  3. 体重が減っていかない自分を励ます言葉80選【保存版】

体重が減っていかない自分を励ます言葉80選【保存版】

自分を励ます言葉

ダイエットに停滞期は付き物。だれもが、一度は経験することだと思います。

停滞期を乗り越えることができるかで、その後の体重が変わってくるのではないでしょうか。

今回は、なかなか体重が減っていかない停滞期を乗り越えるために自分を励ます80の言葉をご紹介します。

自分を励ます言葉80選

『何事も積み重ね。』

すぐには結果は出ない。ロボットじゃないのですぐに結果は出ない。もし出た場合、リバウンド確定!!と言い聞かせます。

『今日1日頑張ってみよう。』

努力すれば必ず結果はついてくるから。

『いつかはここを抜ける日がやってくる』

色んな失敗を経験しながら少しずつ調節し、目には見えてないけど確実に前に進んでるはず。と信じて続けるしかないと思うようにしていました。

『今日だけ頑張れ。』

今日だけ頑張って、明日からはストレスフリーで過ごそうと思うとやる気が出る。

『自分に負けない。』

女性は1ヶ月で痩せやすい時と痩せにくい時があるようです。痩せにくい時に「負けない」ようにしています。

『諦めたらここで試合終了』

諦めては何も変わらないのだ、と、何度も励まされました。

『これは筋肉だ!』

体重は減らない分、筋肉のせいで重くなっているんだと自分に思い込ませて、自分を励ましているから。

『大丈夫。』

いまは停滞期だと思うようにした。

『体重を減らすこと=ダイエットでなく』

理想どうりのくびれやヒップの自分を想像してる。私は、ミランダカーの写真をみてこれは明日の私と。信じる。自分を信じてないと、成功しないから。

『重さよりも見た目が大事!』

そう思えばダイエットも楽しくなる。

『生理前だからだ!・生理中だからだ!・生理だったからだ!』

1か月間、ごまかして、次の月に期待してます。

『今は停滞期なだけだから大丈夫』

実際、生理前は食欲が増しますし、体重もなかなか減りません。そういう時に無理をすると身体に悪いのはわかっているので、体重について考えないことも大切だと思います。

『NEVER GIVE UP』

諦めなければ、まだ望みはあると思えるので

『努力は実る』

続ければ少しずつ成果があると信じれるから。

『明日は200g減らすぞ!』

毎日少しずつ減量して行く事が大切

『何とかなるさ』

自分を励ます。

『ゆっくり、まったり。』

ダイエットだけでなく、あわてずにやると物事は成功するから。

『停滞期は、体重が落ちようとしているサイン』

ダイエットの本を読んで、停滞期は必ず定期的にくるけれどその数日後に必ず体重が落ちるということが書かれてあったため。

『こんな日もあるさ!明日はきっと減っている♪』

何事もポジティブに考えるようにする為。

『便が出たら 減っているはず!』

昨日 体重を測った時はきっと。。。便もでていて最高な数値だったはずと責任転換

『何食べた?』

食べたものを、しっかり思い出します。 いつ食べたかも同時に思い出して、なぜ減らないかの原因をきちんと知っておけば次につなげられるから。

『痩せれば人生が変わる』

本当にそう思うから。明るい未来を想像できる

『今しばしの辛抱。』

ここを乗り越えれば落ちてくれるはず!と思えばまた頑張れる気が沸いてきます。

『そんな時期と割り切る。』

焦るよりリラックスしてダイエットしたいから。

『なるようになる』

そんな時もあるって自分に言い聞かせている。

『自分が一番きれいだったころに戻るためなら停滞期なんて!』

自分に言い聞かせる。

『欲しがりません。勝つまでは』

停滞期は誰にでも訪れるので、冷静になるにはこの言葉

『今だけ。』

明日には綺麗になる。明日には体重が減っていると思い込む

『きっと、停滞期なんだ!』

実際、停滞期はありますし、機械ではなく人間なので常に減り続けると言う事はないんだと自分を励ます。

『体重が減るばかりがダイエットではない。』

筋力が落ちてしまってはエネルギーが燃焼せず痩せにくい体になってしまうから、ほどよく体がしまって徐々に痩せるダイエットを目指したいから

『今は痩せ時ではない』

ダイエットの体重の減る波は個々で差があるから今日ダメでも明日からぐっと下がる事もあるから

『体重が減らないのは・・・むくみ!便秘!』

便秘やむくみのせいにすると少し気が楽になる。

『体重がすべてではない』

体重が減っていなくても、体調はいいのか?体脂肪率は減っているか?などと違う視点で自分を見つめなおし、焦らないようにする。

『山あり谷あり』

山はあったら困るけど、停滞している時期を乗り換えたらまた体重は減ると思いたいから

体重が減らない場合、筋肉量がなく脂肪燃焼できていないことが考えられます。また、そのためにたんぱく質をとり、筋トレや有酸素運動を取り入れていると一時的に体重がふえたようになることがあります。生理前のむくみ、便秘、食欲増加、体重減少の停滞期などが考えられます。

『我慢我慢。』

ひたすら我慢するしかないから。

『日々是決戦』

今日1日くらいという気をなくすための言葉です。

『停滞期は、目標を見直すチャンス』

今までチャレンジしていたことと、別のことをとり入れてみるきっかけ・勇気がでてくる

『ここを乗り切れば。』

停滞期に入ると呪文のようにこのあと楽しみが訪れると言い聞かせてます。

読んで字の如くです 暗示しかありません

『明日は0.2kg』

自分に言葉かけします。上からつながりますが、減って行かないときはそういうときなんだろうなって思うように、毎日明日こそって考えてなるべく考えないようにいつも通りにします。痩せないことにストレス感じてやけ食いに走らないようにします。

『根っこは育っている』

地中の見えない部分は確実に育っている いつか花咲く日が来るので 成果は必ずある事を励ます時にそう思うようにしています。

『継続は力なり。』

続けなければ意味がない、ここで終わってしまってはそれまでだ、その先に結果が待っていると思い続けられるからです。

『痩せたらあのコートが着れるんだ!』

痩せてた頃に買ったお気に入りのコートを着れると思うと頑張れる気がする

『どんまい』

減っていないときはたいがい、食べ過ぎたりしているから

『単純に停滞期。ここを乗り切ればガクっと落ちる日まで数日がんばれ。』

乗り切りさえすれば、体重が落ちることを知っているため。

『大丈夫!!気にしないで。』

順調に痩せていてもどこかで停滞期がくるし、ここで諦めがちだけど、気にしないでダイエット続けようねと励ました方が長続きしそう。

『頑張ってるやん!!』

あんたよりもっとデブ居てる。

『今の生活を見直そう。』

栄養、カロリー面で問題があれば改善。問題がなければ停滞期。それを見極める。

『諦めるな!ちょっとずつ、ちょとずつ! 』

一朝一夕で行かないのがダイエットだし、簡単過ぎるダイエットは身体に無理がかかるもの。又、リバウンドしないダイエットを目指すなら、日々、少しずつの努力を継続させる必要があるから。

『今は減らなくてももう少ししたらまた減るから今が頑張り時!』

とにかく、自分を励ます。

『焦るな!!』

すぐに結果を求めようとする悪い癖を、自分自身で振り返ります。

『明日には、きっと減っている。』

希望を持ちたい。

『痩せたら子供が喜ぶよ』

きれいなママはいつでも子供の自慢だと思うから。痩せてきれいになったら子供が一緒に歩くのを嫌がらないと思う。

『ばか!デブ!』

ひたすら自分を罵ってとにかく動く。

『あの高かった服、着れなくなってもいいのか!』

励ますというか…奮い立たせる!

『体重より見た目重視』

体重はあくまで数字だと思ってるから

『そんなこともあるさ!』

停滞期はつきものです。そこで無理をしすぎたら挫折するので、そんなときだってあるから無理しないで頑張ろうね! という感じで自分で自分を納得させます。

『もーちょい!』

とにかく諦めない!

『減ってなくても、これでやめたら増えるだけ』

言葉の通りだと思うから。

『結果をすぐに求めるな』

太るのは簡単だけど痩せるのは大変。すぐに体重が減らないのは当たり前なのだからそんなことでいちいち落ち込んでいたらいけないと思うから。

『のんびりいこう。』

すぐに体重がへるわけない。そんなときはのんびりが一番だから。

『美人は一日してならず。』

1年以上の怠惰な生活のせいで太ったので、同じように痩せるのも1年じゃむり!って納得しながら、頑張ります。

『諦めたら、そこで試合終了。』

定番ですが、学生時代からこの言葉には励まされています。

『まだ1週間だし、まだ1ヵ月だし』

『まだ』を使って自己暗示。すると、「『まだ』○○だからしょうがないか。。」と沈む気持ちをリセットできるような気持ちになる。

『今は減らない時期。』

続けていればまた減るんだと思えるから

『大丈夫、ゆっくり、ゆっくり。少しずつやっていこう。焦らなくても大丈夫。』

焦ってやせてもリバウンドするため、なるべくゆっくり。そのためなかなか減らなくても焦らなくても大丈夫と自分に言い聞かせる

『努力は報われる。』

昔からある言葉なので、今は成果が出なくても努力を続ければ大丈夫だと思える。

『今は停滞期。』

ここを抜ければまた成果がでるはず。

『ここで諦めたら自分の着たいお洋服をまた諦めなくちゃいけなくなる。』

好きな人に可愛いってスタイルいいって褒められたい。夏したいこと、お洋服体型優先で考えるなんて嫌だからどうしてもダイエットを成功させなくちゃいけないんだと強く心に体に言い聞かせる為です。

『体が重い、体調が悪くなる。動きが鈍くなるぞーー。』

体重が重いといろんなところに影響がでてくるから。

『明日からまた頑張ろう。』

増えてない場合は、増えてないからキープできてる!体重が減ってないことは忘れて、また頑張ろうと思えるから。前向きな言葉だから。

『ほめ日記。』

一日に数行、「大丈夫、自分ならできる」「やせてるやせてる」など、自分をほめる日記を書きました。続けていくと不思議と、そのほめ日記の通りに自分がなっていく気がして、不安もなくなっていきました。

『今がそういう時期』

いずれ減ると思い込む。

『小錦より痩せてるよ』

そう思うしかない。

『体重が減らないのは、体質のせいかもしれない。』

自分に言い聞かせる。体質のせいなので、そこは我慢して耐える。

『今せっかく頑張る習慣がついてきてるんだから、今頑張ればこの先良いことがあるよ』

自分に言い聞かせる。今まで何回も挫折してるからこそ、今回は本気だと自分自身で強く思いたいからです。

『私はますますスリムなベストな体重になります。』

痩せようと焦っても何もならないので、理想体型をイメージします。

『焦るな、時を待て。』

何事も焦らず、結果は努力に比例する、目には見えなくとも確実に何かは変わっているはずだから。

『健康ならいいじゃない』

過度なダイエットしても健康が伴わないといけないと思ってるから

『体重じゃなくて見た目!』

励まして気にしないようにする

『体重だけが全てじゃない』

体重は減っていないが、運動をして筋肉量が増えてる可能性があるから

お願い

停滞期に悩んでいる女性に届くように

twitter・facebook・ブログなどで紹介してもらえると幸いです。

 

この記事の後によく読まれている記事

辛くなったときにやる気が出る88の言葉

辛くなったときに聴きたい曲

ジョギングやウォーキング中に聴きたい曲

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

自分を励ます言葉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • マイクロダイエットを6ヵ月続けたぽっちゃり女子2人の結果

  • モチベUP!痩せてよかったと思える最高の瞬間5選

  • 辛くなったときに聴きたい曲名|アンケート結果

  • 女性と男性とではやり方と効果の出方が違った!

  • 痩せられる女と痩せられない女の違いがわかる7つの太る習慣

  • 知って得する!正月太りの原因と解消方法