1. TOP
  2. その他
  3. 女性と男性とではやり方と効果の出方が違った!

女性と男性とではやり方と効果の出方が違った!

ダイエットは女性でも男性でも変わらず実践されています。

ところが女性にお勧めされているダイエット方法を実践しても男性には効果があまりなかったり、逆に男性にオススメされているダイエット方法を女性が実践しても逆効果になってしまうというようなことがあります。

このように同じダイエット方法を実践しても男性と女性で効果の出方が違うのはなぜでしょうか?

今回は、女性と男性のダイエット方法と効果の出方についてご紹介します。

男女のダイエット方法と効果に差があるのには理由があり、それを踏まえてダイエットを実践しないと成果を出すことがむずかしいとされているのです。

そもそも太る原因には性別は関係なく、基本的にはカロリーの過剰摂取や運動不足などの不摂生が理由で太ってしまいます。

なので本質的に男女の太る理由は同じなのですが、いざ痩せようとしてもダイエットの効果の出方が違うのには体質の違いが関係していると言われています。

男女の太り方

どういうことなのかというと元々男女の体質には若干の違いがあり、例えば女性の場合は筋肉よりも脂肪がつきやすいですし、男性の場合は脂肪よりも筋肉がつきやすくなっています。

つまり女性の体は皮下脂肪がつきやすいという特徴を持っている反面、筋肉が太くなりにくいので基本的に太っているのは皮下脂肪がついているケースがほとんどです。

逆に男性の体は皮下脂肪がつきにくい代わりに筋肉が太くなりやすいという特徴を持っているということになります。

そのため、男性の場合は皮下脂肪よりも内臓脂肪の方がつきやすい傾向になっており、メタボリックシンドロームも女性より男性の方がなりやすいというのも体質の違いが理由となっているわけです。

このようなことから同じ太っている状態でも女性と男性は皮下脂肪か内臓脂肪かの違いがあるということなので、当然同じダイエット方法を実践したとしても効果が同じように出るというわけではないのです。

なのでそれぞれの性別によって適したダイエットを実践する必要があると言えます。

特に男性の場合はダイエット方法に関する情報が少ないので、女性向けのものを実践しがちなのですが、しっかりと効果を発揮したいと言う場合には、女性向けのものではなく、男性向けのダイエットを実践することが大切になります。

ジョギング

ならばどうすればいいのかというと、男性の場合は皮下脂肪を燃焼させるよりも内臓脂肪を取り除いていくことが大切になっています。

これには、ウォーキングやランニングなどの運動を取り入れることによって内臓脂肪を燃焼して筋肉に作り変えるということが大切になっていますし、ほかにも食生活を見直したり野菜を中心とした内臓脂肪がつきにくい食事を心がける事も重要になっています。

ただし食事を抜くと言うのは逆に次の食事で脂肪がつきやすくなっているので、食事を抜くと言うダイエットはオススメされていません。

筋トレ

女性の場合はどうすればいいのかというと、こちらの場合は皮下脂肪を燃焼させないといけないので、男性と比較するとなかなか痩せにくくなっているので難しいと言われています。オススメはウォーキングなどの有酸素運動や筋トレで脂肪燃焼を支援すると言う方法があります。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

男女違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アプリ20選!あなたに合った役立つアプリを見つけよう

  • やせぷりとは?

  • 調べることが大切!脂肪吸引の3つのメリットとデメリット

  • 体質改善をしていく冷え取り健康法で42.4キロまで痩せた

  • 知らないで済まされない!脂肪溶解注射のメリットとデメリット

  • えっ!女性は脳のはたらきが原因で失敗していた!?