1. TOP
  2. 失敗談
  3. 女子高校時代に失敗した方法から学んだこと【失敗談】
そろそろ失敗しないダイエット始めませんか?

女子高校時代に失敗した方法から学んだこと【失敗談】

高校時代の教室

 いま現在は、ナチュラル・ハイジーンと呼ばれている食事法を実行して、無理をしないで痩せることができているranmaruさんです。

 実は、高校生の時、ダイエットに挑戦したけど上手くいかなかったそうです。

 今回は、ranmaruさんが高校時代に失敗したダイエットについて、お話を聞くことができたのでご紹介します。

上手くいかなかったダイエット方法

 食事の回数を1日3回から2回に減らし、量を減らして間食も摂らないダイエットに挑戦したけど上手くいきませんでした。特に、肉と甘いものを控えるようにしましたが、食べたいときに食べられないストレスで、3日で挫折してしまいました。

 ダイエットをはじめたきっかけは、高校3年生のときに部活を引退し、それまでは気にしていなかった体重と、がっちりした体型が気になりだしたからです。

 中学を卒業した時の体重は48キロで、細くてうらやましいと友達によく言われました。ところが、高校で運動部に入ってから、筋肉がついたのと食べ盛りで食事の量が増えたのとで、1年も経たずに52.5キロまで増加。

 下半身ばかりを鍛えていたので、お尻と太ももばかりが大きくなり、鏡を見るたびにアンバランスな体型に嫌気がさしていました。

 母からも大きなお尻を指摘され、それがだんだんコンプレックスになり、やせようかな、と思うようになっていったのです。

上手くいかなかったダイエットを選んだ理由

 私の周りのダイエットをしている人たちを見る限りでは、比較的楽そうで、気軽に始められそうだったからです。

 クラスメイトの中に、ダイエットをしている友人が数人いて、お弁当の量を減らしたり、お菓子をすすめても断ったりする女子が数名いました。彼女たちを見ていて、食事を減らすだけなら私にもできそうだな、と思えたのです。

 当時、3日間りんごをメインに食べるりんごダイエットや、ゆで卵ダイエットなどが流行っていました。実際にお弁当がりんごやゆで卵だけという人もいましたが、そんな大変なことはしたくないし、そこまでするほど切羽詰まってやせたいという思いもありませんでした。

ダイエットが上手くいかなかった理由

うまくいかなかった理由は3つあります。

ダイエットに対する知識がなかった

 とにかく食事の回数を減らせばやせられると勘違いしたこと。何の知識もなく、ただやみくもに量だけ減らしても、体重の減少にはつながりませんし、食べられないストレスがたまるばかりです。

はっきりとした目的がなかった

 はっきりとした目的や期限と、強い意志を持たなかったこと。着たい服が着られるようになる、いつまでに何キロ減量する、などのゴールがあるから、そこに向かって努力ができるというもの。

 当時の私は、単に「やせたい」とぼんやり考えているだけ。「やせる!」と強い意志を持たずに取り組んだので、すぐに心が折れました。

間違った情報を信じた

 間違った情報を鵜呑みにしたこと。同じように食事の回数を減らした友達が「甘いものは朝食にあてれば大丈夫」と言っていたのを真に受け、ダイエットから3日目には、誘惑に負けて朝食にケーキを2つ食べてしまいました。

実際にやったけど上手くいかなかった5つのこと

 ・食事の回数を、1日3食から2食に減らした。

 ・朝食と昼食のみで、夕食は摂りませんでした。

 ・ごはんはお茶碗1杯から半分に、おかずは、主菜1品(肉、魚など)、副菜2品(野菜、豆腐など)、味噌汁をすべて3分の2に、肉は半分に減らしました。

 ・間食に食べていた甘いお菓子も食べないようにしました。

 ・お腹が空いたときは、水やお茶をたくさん飲んでしのいだ。

上手くいかなかったダイエットの効果

 ダイエットを始めてから挫折するまでの3日間、体重には、ほとんど変化が見られませんでした。

 1日目が52.5キロ、2日目は52.0キロ、3日目は52.2キロでした。

 体調は普通でしたが、空腹と、食べたいときに食べられないストレスが大きく、精神的にはとても辛かったです。

今回のダイエットで学んだこと

 食事制限のダイエットは上手くいかなかったのですが、3つのことを学ぶことができました。

ダイエットに対する正しい知識を持つ

 うまくいかなかった方法でも述べましたが、ダイエットをするにあたって、正しい知識を持たないと意味がないこと、我慢しすぎてストレスをためると続かないことを痛感しました。正しい知識を持ち、自分に合った方法を選んでじっくり取り組めば、やり遂げられると思います。

明確な目標を持つ

 しっかりした目標設定が必要だと学びました。いつまでに、何キロやせるか、やせてどんな自分になりたいのか、イメージをはっきり、くっきりと描く。やせたら着てみたい服を用意する、こんなふうになりたいと思うモデルさんや女優さんの写真を、目につくところに貼って、いつも眺めるなどするとイメージしやすいです。

「やせる」という強い気持ち

 当時の私にいちばん欠けていたのは「やせるぞ!」という強い気持ちでした。これさえあれば、少々のことでくじけることなく、目標体重までダイエットを遂行できます。「私はやせる!」と強く思うことが大切です。

 今回は、ダイエットが上手くいかなかったのですが、この失敗があったおかけで、無理なダイエットをしないでもやせることができるようになりました。

ナチュラル・ハイジーンで増えた体重を2ヶ月で戻すことに成功!(ranmaruさんの体験談)

脂肪測定システム

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

高校時代の教室

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 炭水化物抜きで失敗!43キロまで痩せた私の体験談

  • 食べすぎだった私が43キロまで痩せた!一食置き換え法

  • 6キロ痩せた!41キロの体重を維持するためにやっていること

  • 炭水化物抜きダイエットの効果と危険性!正しいやり方とは?

  • マイクロダイエットは効果あった!3か月で17キロ痩せた私の飲み方

  • 食べるだけで健康的に痩せる!驚異の黒豆ダイエット