1. TOP
  2. 体験談
  3. 産後に2つを組み合せたウィークリーダイエットで48キロ!

産後に2つを組み合せたウィークリーダイエットで48キロ!

【産後ダイエット成功者のプロフィール】
名前:Yさん
年齢:30歳
ダイエット成果:51kgから48kg
ダイエット期間:2ヶ月間

ダイエットを始めたきっかけ

 2年半前に出産し、妊娠中に増えた体重が戻らずのままでした。

 今年30歳の誕生日を迎え、妊娠前の体重に戻りたい、昭和的な「おかーちゃん」ではなく、子供が自慢できるような「可愛いママ」でありたいと思い、三十路を機にダイエットを始めました。

 ただ、もともとウォーキングやヨガをしていたので運動面は何も変えず、食生活だけを変えてダイエットをすることにしました。

成功したウィークリーダイエットのやり方

「ウィークリーベジタリアン」と「ウィークリーお菓子カット」の2つの健康ダイエットを組み合わせました。

ウィークリーベジタリアン

ウィークリーベジタリアン

 1週間のうち、月~金曜はベジタリアンメニューを食べ、肉や魚を一切食べずに過ごします。ベジタリアンと言っても卵やチーズなどの乳製品は食べてもOKです。

 土曜日と日曜日だけお肉や魚を食べます。

 ただ、ベジタリアンメニューはタンパク質の摂取に気を使う必要があり、食事の中に豆腐や豆、チーズ、卵でタンパク質を摂り、栄養に偏りがないよう気を付けました。

ウィークリーお菓子カット

ウィークリーお菓子カット

 1週間のうち、月~金曜はお菓子を食べないようにします。

 お腹がすいてどうしても間食したい場合は、フルーツやベジタブルスティック、ヨーグルトを食べるようにします。市販のお菓子やケーキ等は週末のみ食べてOKとします。

<1週間メニュー例>

(月)
朝:雑穀米、豆腐の味噌汁、卵焼き、サラダ
昼:お野菜ちゃんぽん
晩:ベジタブルカレーと雑穀米

(火)
朝:トーストとジャム、ヨーグルト、ゆで卵
昼:お野菜お好み焼き
晩:豆腐と野菜の丼

(水)
朝:フレンチトースト、ヨーグルト
昼:蕎麦
晩:お野菜麻婆豆腐

(木)
朝:雑穀米、豆腐、もずく酢、だし巻き卵
昼:キムチチャーハン
晩:ベジタブルラザニア

(金)
朝:トーストとジャム、ヨーグルト、ゆで卵
昼:きつねうどん
晩:キャベツの甘辛丼

(土)
朝:ハムエッグサンド
昼:ツナチャーハン
晩:ご飯、お野菜の味噌汁、筑前煮

(日)
朝:トーストとジャム、ヨーグルト、ゆで卵
昼:ビーフン
晩:ご飯、焼き魚、前日の筑前煮の残り(少しだけ)、わかめの味噌汁、サラダ

Yさんがベジタリアンメニューについて、時々参考にしていたサイトはこちら(英語)

http://www.bbcgoodfood.com/howto/guide/balanced-diet-vegetarian

http://www.weightlossresources.co.uk/diet/vegetarian/weight-loss-meal-plan.htm

ウィークリーダイエットの効果と結果

 このウィークリーベジタリアンとウィークリーお菓子カットを続けただけで、2カ月の間に3kg減量に成功しました。その後もリバウンドはなく体重をキープしています。時々、さらに体重が減ることもあるくらい効果的です。

 ウィークリーダイエットは減量だけでなく、わたしの場合は体質改善にもとても役に立ったと思います。

 毎日野菜をたくさん食べることから、長年悩まされていた便秘や消化不良、過敏性胃腸炎など消化器官のトラブルがなくなりましたし、週末に食べる肉や魚も少量で良くなりました。同時にお菓子の量も自然と減っていったので、食べないように我慢するといったストレスもありませんでした。

 しかも、ずっと悩まされていた肌トラブルも徐々に減っていき、肌の調子が良くなったので化粧もすごく薄化粧になりました。

 この2つのダイエットを組み合わせることで、減量以外にもいろいろと嬉しい効果を実感することができたので、ダイエットが必要なくなった今もずっとウィークリーベジタリアン食生活を送っています。

ウィークリーダイエットに成功できた理由や注意点

調味料

 ベジタリアンフードと聞くと「美味しいの?」と思われる方がいるかもしれませんが、生姜やコチュジャン、豆板醤、だし、醤油、カレー粉などの調味料を上手く取り入れることで、味にパンチがあり、肉抜きも気になりませんでした。

 味付けの際にどのような味付けにして肉抜きを気にならないようにするかが、ウィークリーダイエットを始めるときのポイントになります。

 今回、ダイエットをスタートさせるにあたって、私はダイエットに目標期間を設けませんでした。

 「1カ月で-1㎏減できたら上出来かな」ぐらいな気持ちでのんびりしていたのも、食生活がストレスになることもなくマイペースにダイエットをすすめられて良かった気がします。

 雑誌やテレビなどで何もかも禁止するダイエットが紹介されていることもありますが、ウィークリーベジタリアンは食べる量を変えなくても大丈夫でしたし、週末にはお肉やお魚、お菓子が食べれるので、そういった自分へのご褒美や励みが成功へのカギなのかな、と感じています。

 注意点は「タンパク質」です。

 ベジタリアンフードとなるとどうしてもタンパク質の摂取が減りがち。豆腐や豆、チーズ、卵は意識して食べるようにしてました。

 恐らく多くの方がすでにしていることだと思いますが、

 ・醤油は減塩のものを使う
 ・チーズを使う時はカロリー○%OFFのもの
 ・油は体に脂肪が付きにくいもの
 ・ドレッシングはカロリー50%OFFのもの
 
 と健康志向の商品をいつも使うようにしています。

これからダイエットを始める方へのアドバイス

 きっとダイエットを始める方の多くは、体重を減らすだけでなく、「綺麗になりたい」とか「痩せやすい体になりたい」とか「健康的に痩せたい」など心身ともに美しく、健やかになりたいと思っている方が多いのではないかと思います。

 なので減量だけにとらわれず、ダイエットを1つの「体質改善」と思ってみてはいかがでしょうか?

 その体質改善の課程で減量が必要と思うと、またダイエットに対する取り組み方が変わってくるような気がします。

 またダイエットに必ず必要なのは忍耐です。

 面白いようにみるみる体重が減る、なんてことは起こらないので、少しリラックスして気長にのんびりと気構えるのも個人的には大切だと思います。

 ちなみに普段はヨガ教室に通っているYさんですが、時々このような動画を見て家ヨガをしているそうです。

>>おすすめのヨガ教室はこちら

引用:www.youtube.com

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

ウィークリーダイエット成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 豆乳は生理前に飲むのがポイント!

  • 国立病院ダイエットで5キロ痩せることに成功しました。

  • 50キロまで痩せられた!無酸素運動を2分30秒続けるだけ

  • 酵素で便秘解消!その前に知っておきたいこと

  • トイレタイムを有効活用したお手軽ダイエット

  • やせる目的で青汁を選ぶときの5つのポイント