1. TOP
  2. その他
  3. 痩せられる女と痩せられない女の違いがわかる7つの太る習慣

痩せられる女と痩せられない女の違いがわかる7つの太る習慣

 同じダイエットをしているのに、なんで私は痩せられないの。って感じたことありませんか?

 一生懸命がんばってダイエットしているのに、いつまで経っても痩せることができない。

 痩せられる人と痩せられない人で、一体なにが違うのでしょうか?

 実は、ダイエットをしても痩せられない人の多くが、気づかないうちに太る習慣を身につけてしまっていることがあります。

 今回は、いつの間にか身に付いている太る習慣についてお話をしたいと思います。

痩せられる女と痩せられない女の違い

選択

 基本的には食生活が違います。

 例えば同じものを同じ量、食べたとしても、痩せられる女は食べるのが遅く、痩せられない女は早く食べ終わってしまいます。

 この理由は、一口で食べる量の違いと、噛む回数の違いです。痩せられる女は、一口を少なくし、よく噛んで食べるように心がけています。

 少しずつよく噛んで食べれば、それだけ食事にかけている時間が増えますよね。すると、胃や小腸に血液を送る動脈の血流の量が増えますし、満腹中枢が刺激されて脳はたくさん食べた。と勘違いし、お腹いっぱいになるサインをカラダに出し、食べすぎを防止することができます。

 また、一般的に満腹中枢は食べ始めてから20分ぐらいからスイッチが入るので、早食いの人は満腹中枢が刺激される前に食べ過ぎてしまい、結果的に摂取カロリーを超えてしまいます。

食べている女性

 逆に、一口で食べる量が多く、あまり噛まずに食べる女は食事にかけている時間も短く、食べ終わるのも早いです。しかし、あっという間に食べ終わると脳はもう少し食べたい、まだ満腹になっていない。と思ってしまいます。

 すると、あなた自身は食べていないつもりでも、いつの間にか間食をしていたり、甘い飲み物を飲みたくなったりするわけです。

 この時、痩せられる女は、食後にコーヒーや紅茶を無糖で飲みますが、痩せられない女はどうしてもカロリーを摂取したくなるために、砂糖やミルクをプラスして甘くしてしまう傾向が高いです。

 そうなれば自然と摂取カロリーが増えて、いつまでも痩せることができません。

7つの太る習慣

5つの習慣をチェック

 太るのには7つの習慣があると言われていて、この習慣を絶つことで、太りにくい習慣を手に入れることができます。

偏食

 つい自分が好きなものばかりを食べていませんか?

 太っている女子に多いのが偏食。好き嫌いが多かったり、お菓子や甘いものばかり食べてしまう。

 たしかに好きなものばかりを食べていると食事に対するストレスはないですが、栄養バランスが崩れてしまいます。偏食の方は、一度食事を見直すだけでも体重や体型に変化が現れると思います。

シャワーだけ

 夏は、気温も高いし、湯船につかるのはが面倒なのでシャワーだけという人もいますが、これもNGです。特に、一人暮らしだと水道代がかかるので、夏場はシャワーで済ませることが多いと思います

 湯船に入ることでカラダの血液の巡りも良くなりますし、新陳代謝が活発になります。シャワーだけだと冷えの原因になり、身体に老廃物が溜まりやすくなります。

 また、湯船でカラダを温めた状態で、足や二の腕などといった部分マッサージをすることで細くすることもできます。

→足のむくみを解消する方法についてはこちらの記事も参考にしてください

朝ごはんを食べない

 ダイエットのために朝ごはんを抜いている女子が多いですが、基本的にこれもダメです。朝ごはんは一日の活力の源です。

 さらに朝ご飯を食べないことで昼食を増やしてしまったりしませんか?

 朝ごはんを抜くと、カラダが飢餓状態と勘違いし、その日に食べた昼食をすべて体の中に溜め込もうとします。

早食い

 最近は、働く女性も増え、食事は素早く、早食い!という人が多く見られます。早食いは、食べ過ぎる傾向がありますので、注意してください。

 よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されて少ない量でもお腹いっぱいと感じられますが、早食いだとなかなかお腹が満たされないのでたくさんの量を食べてしまいます。

 満腹中枢は食べ始めてから、20分ぐらいから刺激されるのを意識して食事をするように習慣づけてください。

夕食が遅い

 仕事とから帰ると夕食がどうしても遅くなってしまう。という習慣も気を付けてもらいたい点です。夜はできれば8時までには食事を終えておきたいものです。

 もしどうしてもそれ以降になる場合には、少量を食べる、もしくは夕方に軽食をとって夜は消化の良いものを軽く食べるようにするだけでだいぶ変わります。

間食

 間食がやめられない人も注意が必要です。口がさみしい時には、ナッツ類を食べてお菓子はやめておきましょう。また、炭酸水やミネラルウォーターなどで一時的にお腹を満腹する方法もあります。

→炭酸水ダイエットについてはこちらの記事も参考にしてください

姿勢が悪い

 姿勢が悪いのは太りやすい原因なんです。特に、猫背だとお腹にお肉がたまりやすいので、姿勢をきれいにして、スリムなカラダを目指しましょう。

→猫背についてはこちらの記事も参考にしてください

まとめ

 気づかないうちに太る習慣が身に付いていた方ものいたのではないでしょうか?

 ちょっと習慣を見直してあげるだけで、十分太りにくくなりますし、痩せることもできます。せっかくダイエットを始めても効果が出なければ、まったく意味がありません。

 ダイエットをはじめる前に一度、生活習慣について確認してみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

考える女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • いまさら聞けない!ココナッツオイルダイエットの効果と方法

  • 【女性必見】正月太りしにくい食べ方

  • 医師も推奨する1ヶ月間○○ダイエットで5キロ痩せることに成功!

  • 炭酸水ダイエットで痩せる!驚きのダイエット効果とは?

  • 産後で成功する5つの理由と失敗する5つの理由

  • ダイエット中の娘に対して親が注意しないといけない5つのこと