1. TOP
  2. 食事
  3. 断食する前に知っておきたい4つのこと

断食する前に知っておきたい4つのこと

食事  
合掌

 「すぐに痩せたい。」ほとんどの女性が一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

 中には、すぐに痩せたいからといって、数日間断食したことがある人もいるかもしれませんね。確かに、断食することで一時的に痩せることはできます。ただ、間違った方法で断食を実行してしまうと健康なカラダを悪くする可能性があります。

 断食を行う場合は、正しいやり方や注意点などを十分理解した上でするようにしましょう。

 それでは、断食についてご紹介していきたいと思います。

断食のメリットとデメリット

メリットとデメリット

断食のメリット

 断食はスッキリと痩せることができ、欲望に負けない意思の強さを手に入れることができます。当然、断食に成功してダイエットをやり遂げたという達成感もあり、自信がつくかもしれません。

 現実的なところでは、食費が節約できますし、健康面では、内臓諸器官を休息させることができます。胃腸、肝臓、腎臓を一時的に休めることで、機能回復を図ることが期待できます。また、断食の期間は過剰栄養分の排出が可能になるので、蓄積した脂肪を代謝させることもできます。

 他にも、毒物や老廃物の排出をすることができますし、白血球の増加にもつながり、生命力を活性化させる効果も期待できます。また、現代人が忘れている食べ物へのありがたみがわかり、感謝できるようになります。

断食のデメリット

 精神的、肉体的苦痛が伴い、場合によっては仕事や家事に支障が出ることがあります。断食するには、自分の欲求を抑える我慢が必要となります。また、お腹の中に溜まった便が確実に出るとは限らないデメリットもあります。

 断食期間は人によって違い、リバウンドがおこる可能性も十分あります。食べ物のありがたみがわかる反面、断食終了後、脳が飢餓状態と錯覚しているので暴食してしまう恐れがあります。断食後の食生活を計画的に実行していかないと、すぐに太ってしまいます。

 さらに間違った方法で断食をやると、肌荒れや生理不順など体が不調になる可能性がありますので、無茶な断食ダイエットは行わないようにしてください。

断食効果

 断食は、肉体的、精神的と全てにおいて、計り知れない効果があります。断食は、それ自体が癒しになります。なぜなら、断食することで免疫能力を高めることができるからです。自然治癒力だけで、ほとんどの病気を治してしまうことができるようになるともいわれています。

 断食の効果で特筆すべきなのは、内臓を休ませることができるところです。現代人は特に、過食によって、内臓を酷使している傾向にあります。そうした生活習慣を続けていると、胃拡張などの胃疾患になりかねません。そうした時に3日から1週間程度の断食をすると、本来の姿に回復することができます。

 断食すると肉体が休まると心身の爽快感を得ることもできます。また、断食により、消化器系に休養を与えることができるので、体の全ての器官を休ませることができ、余分な脂肪を捨てることができる効果もあります。

 現代人は、どちらかというと栄養過剰気味なので、肥満の解消につながり、コレステロールを排出することができます。断食には、毒物や老廃物を排出する効果もあり、体の中の悪い物を出す効果が期待できます。

断食の正しいやり方

断食

 断食は、体の自然治癒力を高める効果があり、健康増進に大きな効能があります。しかし、一歩間違えると、健康を損ねることになりかねませんので、十分注意して行う必要があります。

 断食の正しいやり方は、とにかく無理をしないことです。断食の考え方としては、健康療法の1つとして捉えることが大事なので、水だけで我慢する苦行のような断食はおすすめできません。

 私がおススメしている断食のやり方は、短期間に徹することです。正直、素人が何の教育もなく長期間の断食をするのは、あまりにも危険なので、おススメできません。仮に長期間行う場合は、医師と相談して行うようにしましょう。

 また、短期間だったとしても断食をする場合は、それ相応の準備期間が必要だと考えています。

 たとえば、3日間の断食をすると決めた場合、準備期間も最低3日間、もしくは3日間以上必要になります。5日間の断食をするなら、準備期間は5日間、もしくは5日間以上必要だと考えています。

 特に仕事が忙しかったり、一人暮らしで日頃から外食が多い人や食生活が不規則な人は、少し長めの準備期間を設ける必要があります。断食をする時は、こうしたしっかりとした準備期間を設けながら行っていくことが大事です。

 また、断食を実践したとしても、必ずしもスムーズに行くとは限りません。体調や体質によっては、スムーズにいかないこともあるので、辛く感じる時は、すぐに中断する勇気を持つようにしてください。

断食後の注意点

注意点

 断食後の注意点は、回復食にあります。断食後、すぐに普通食に戻すと体はそれを受け付けることができず、せっかくの断食の効果が得られなくなります。

 断食によって胃腸が休んでいたところに、急に固形物を胃に入れてしまうと胃がビックリしてしまいす。胃腸に大きな負担がかかるとトラブルの原因になり、リバウンドの原因にもなります。

 回復食は、断食した日数と同じ日数をかけて戻していく必要があり、その際、質素な食事を少量でだんだん慣らしていくことが大切なポイントになります。あせらず、一気に普通食に戻すのではなく、ゆっくりと段階を経て、普通食に戻していくことが理想的です。

 また断食後は、リバウンドを防ぐことが重要なため、回復食の期間をいかに上手くやり抜くかが大事になってきます。それで、断食の成功、不成功が決まると言っても過言ではありません。

 一般的に回復食の最初は、お粥、もしくは野菜をやわらかくしたスープなどを摂るようにします。できるだけ胃に負担のかからない離乳食のような胃にやさしい食事から始めるようにしてください。また、断食後は、食べ物だけではなく、精神状態を安定させることも大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

合掌

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ケトジェニックダイエットの効果と5つのルール

  • 炭酸水ダイエットで痩せる!驚きのダイエット効果とは?

  • 青汁ダイエットで痩せる!43kgまで痩せた青汁の飲み方

  • ところてんダイエットで15キロ痩せた!1ヶ月後には・・・

  • 44キロまで痩せた私の朝食メニュー!おまけに便秘も改善

  • 5:2ダイエットで痩せる!セレブが実践しているダイエット