1. TOP
  2. カロリー
  3. 5:2ダイエットで痩せる!セレブが実践しているダイエット

5:2ダイエットで痩せる!セレブが実践しているダイエット

 油断して食べていたら、いつの間にかスカートやズボンがはけなくなっていた経験はないですか?

 特に、お気に入りの洋服が着れなくなるとショックも大きいですよね。できれば、すぐに痩せて元の体型に戻したい。でも、なかなかすぐに元の体型に戻すことはできないと思います。

 今回は、そんな女性にピッタリの芸能人やセレブの間で実践されている「5:2ダイエット」をご紹介します。

5:2ダイエットとは?

 5:2ダイエットとは、2012年にイギリスでブームなり、ミランダカーやジェニファーロペスなど、ハリウッドセレブも実践しているダイエット法です。

 5:2ダイエットの実践方法は、1週間のうち2日間を断食日にして、残りの5日間はルール無く普通の食事をするという方法です。断食日と言っても、2日間の断食は全く食べないわけではなく、厳密にカロリー管理された食事を行うということです。

 断食日の食事は、通常の1/4程度のカロリーを設定します。5:2ダイエットの断食日は、男性は600kcal、女性は500kcalが目安です。

 断食日は、炭水化物を極力避けて、低GI食品を選ぶようにして、朝はたんぱく質を豊富に摂取するように心がけます。*GIとは、グリセミック・インデックスの略で食後血糖値の上昇度を示す指標のこと。

 GI値は、ネットで検索すると簡単に調べることができます。GI値が低い食品は、摂取しても血糖値の上昇が穏やかになり、腹持ちが良くて空腹感を感じにくくなります。良質なたんぱく質として、赤身の肉、卵、皮を取った鶏肉、低脂肪乳、大豆があります。

ブラックコーヒー

 日本人が実践するなら、豆腐やおからはかなり有効活用できます。野菜、果物、ナッツなどの体に良くてビタミンやミネラルを豊富に摂れる食材をできるだけ選ぶようにしましょう。水分はダイエットの時には、必ず豊富に摂取するのが定番ですが、5:2ダイエットではお茶やブラックコーヒーもOKです。

5:2ダイエットの効果

 5:2ダイエットの効果は、食べ過ぎてしまった分をリセットできるということです。痩せている芸能人が、テレビで食べ過ぎた話をしているのを見かけますが、「なぜ、そんなに食べているのに痩せているんだろう」と疑問に思いますよね。

 以前、人気アイドルグループのNさんがこの事についてコメントを付け加えていました。

 「すごく食べるけれど、次の日はほとんど食べない」

 痩せている人は、自然に5:2ダイエットを実践しているので太っていないのかもしれませんね。普通に食べたり、食べ過ぎてしまったら、その分を他の日で自然と調整し、体重をコントロールしているのかもしれません。

 5:2ダイエットは、5日間で食べ過ぎた分を2日間で調整するという意味合いがあります。毎日ダイエットすると、ストレスで太りやすい体質になってしまうこともありますし、今日1日頑張れば、明日は普通に美味しいご飯が食べられると思えば、無理なくダイエットも頑張ることもできます。

5:2ダイエットの注意点

 5:2ダイエットの注意点ですが、2日の断食で食べられなかった分、他の5日間で思う存分食べようとしないほうがベストです。

 本気で痩せたいなら、5日間の方も、自分の必要摂取カロリーの範囲内にとどめるようにしましょう。好きなだけ食べても良いという言葉に踊らされて、本当に好きなだけ食べていたらなかなか痩せません。

 今までは、毎日ケーキを食べていたけれど、断食の日は我慢するのでその分、他の日にケーキを3つ食べることにしたというのでは本末転倒です。また、栄養が偏らないように低カロリー高栄養のレシピをあらかじめ考えておくのがオススメです。

5:2ダイエットを成功させる5つのポイント

point

事前にレシピを用意

 あらかじめ断食の日のレシピをいくつか用意しておきましょう。簡単にできて低カロリー高栄養のレシピです。

低GI食品を選ぶ

 事前に低GI食品を調べておき、できるだけ選ぶようにしましょう。低GI食品は、血糖値上昇を緩やかにするので空腹感が緩和されますから、GIが55以下の食品を選ぶのがオススメです。

 GI値55以下
 玄米、パスタ、全粒粉小麦パン、アボガド、レタス、キウイ、肉類・魚類、乳製品など

毎日、体重を計る

 毎日体重計に乗る習慣をつけましょう。体重を計るのが嫌になると、自分が何キロなのか把握できません。入浴前に自分の裸を鏡で見て、ダイエットの励みにするのもオススメです。

適度な運動を行う

 適度な運動を習慣にしましょう。じっとしていると、ストレスが溜まって食べることばかり考えてしまいます。体を動かすことは、ストレス解消になります。歩いているだけで、空腹が紛れるって経験はありませんか。動くことはカロリー消費だけではなく、精神面でもダイエットに効果的です。買い物や通勤などの移動時を利用して、なるべく歩くようにしましょう。

ストレスをためない

 ストレスを貯めて暴飲暴食しないようにしましょう。断食日のストレスで、いつもより食べ過ぎては本末転倒です。断食日では無い5日間も、あまり食べ過ぎてしまわないように、ざっくりでもカロリーコントロールするのがオススメです。

5:2ダイエットのメニュー5つ

 断食日の2日間、男性は600kcal、女性は500kcalだけを1日の間に摂取するというダイエットです。食材を工夫すれば、男性は600kcal、女性は500kcalでもかなり満足度が高い食事を摂る事も可能です。特に朝食にはたんぱく質、他の食事でも野菜、ナッツ、果物を摂ることが推奨されています。

フルーツヨーグルト

フルーツヨーグルト

 プレーンヨーグルトに果物とナッツを入れて食べましょう。砂糖はいれずに果物の甘みだけでたべますが、缶詰は砂糖が添加されているのでNGです。レンジで40度に温めたホットヨーグルトにすると乳酸菌が活発になってオススメです。

豆腐と温野菜のサラダ

 豆腐は良質な植物性たんぱく質ですから、茹でたニンジンやオクラ、玉ねぎ、キャベツ、白菜など旬な野菜と組み合わせて食べましょう。ドレッシングは、ノンオイルで糖質の低いものがオススメです。

脂肪燃焼トマトスープ

 トマトホール缶詰、キャベツ、セロリ、ピーマン、たまねぎ、塩、コンソメを鍋で煮て食べるだけですが、野菜しか入っていないのでほとんどカロリーがありません。

海草ときのこのサラダ

 海草ときのこはほとんどカロリーが無く、ミネラルや繊維も豊富に取れるのでオススメです。朝食なら、豆腐も一緒に食べましょう。

しらたきときのこのスパゲティ

 パスタをしらたきに置き換えてきのこをどっさり入れて食べます。少しだけバターかオリーブオイルを入れると満足感が得られます。

まとめ

 いかがだったでしょうか。これなら、無理なくダイエットができるのではないでしょうか?

 女子会などでちょっと食べすぎたときに実践してみてください。また、体型の維持やカラダをリセットさせるという意味で、定期的に5:2ダイエットを実行してみるのもありだと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのことなら「やせぷり」の注目記事を受け取ろう

外人女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのことなら「やせぷり」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • バナナを食べて健康的にやせよう!新生活にピッタリの朝食

  • クックパッドを上手に活用した簡単にできる料理ダイエット

  • 7キロ痩せることに成功!明確な目標と食事の見直しがポイント

  • 腸内細菌があなたを肥満にしてた!簡単にできる腸内フローラとは?

  • 夫婦で5キロ以上痩せた!お金を使わない組み合わせ

  • 断食する前に知っておきたい4つのこと